国内初!bubble公式開発試験に合格!

日本語対応の国産ノーコードツールを紹介!無料で使えるのかも解説!

近年、日本語対応の国産ノーコードツールが市場に増えてきました。サイトの表記や操作方法がすべて日本語のため、言語の違いによるストレスに悩まされる心配はありません。他のツールと同様、国産ノーコードツールに無料プランは用意されているか気になる方もいるでしょう。

この記事では、日本語対応の国産ノーコードツールや無料プランの有無などを紹介しています。ノーコードツールの導入を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください!

日本語対応の国産ノーコードツール|Webサイト制作編

日本語対応の国産ノーコードツール|Webサイト制作編

Webサイト制作が得意な国産ノーコードツールは以下の3つがあげられます。

  • STUDIO
  • グーペ
  • ペライチ

いずれのツールも月額10,000円以下で利用可能です。また、多くの外部ツールと連携しており、費用をかけずに機能性や利便性を高められます。

STUDIO

STUDIO
引用:STUDIO

STUDIO株式会社が提供するノーコードツールです。多くのユーザーに支持されており、導入サイト数は10万サイトを突破しました。STUDIOの特徴はユーザビリティに優れている点です

リアルタイムの共同編集機能を搭載しており、担当者同士が意見を出し合いながら記事を制作できます。入力内容が直接反映される仕組みが採用されており、直感的な操作が可能です。操作性に戸惑うことは少ないでしょう。

また、制作したWebサイトには常時SSL化が自動で設定されます。99.9%の稼働率を誇るため、情報漏えいの心配を過度に心配する必要はありません。

さらに、Google Analyticsをはじめ、多数の外部ツールとの連携が可能です。アクセス解析ツールやキーワード検索ツールでの解析結果から、サイトの現状を正確に把握できます。検索ニーズを反映したページ制作によって、検索エンジンでの上位表示を早期に実現できるでしょう。

開発できるもの・コーポレートサイト
・情報発信サイト
・店舗紹介サイト
・商品・サービス紹介サイト
料金プラン・Free:0円
・Starter:月額980円
・CMS:月額2,480円
・Business:月額4,980円
公式サイトURLhttps://studio.design/ja
※価格は税込

グーペ

グーペ
引用:グーペ

グーペは、GMOペパボ株式会社が提供するノーコードツールです。飲食店や保育園、美容サロンなど、幅広い業種向けのテンプレートが用意されています。デザインテンプレートの選択だけで、Webサイトを制作できるため、特別なスキルは必要ありません。

また、スライドショーやショッピングカート、予約受付など、豊富な機能を搭載している点も特徴です。メルマガ配信やSNSへの同時投稿なども搭載しており、不特定多数の方へ情報を拡散できます。新規顧客の獲得や商品の認知度向上を早期に実現できるでしょう。

拡張性にも優れており、カラーミーショップやGoogleマップなど、複数の外部ツールと連携できます。

開発できるもの・店舗紹介サイト
・ポートフォリオサイト
・コーポレートサイト
・施設紹介サイト
料金プラン・ライト:月額1,100円
・スタンダード:月額3,300円
公式サイトURLhttps://goope.jp/
※価格は税込

ペライチ

ペライチ
引用:ペライチ

株式会社ペライチが提供するノーコードツールです。ユーザーインターフェースに優れており、Webサイトの構築や更新作業をスムーズに進められます。サイト構築に必要な作業は、テンプレートの選択と画像・テキストの挿入だけです。

テンプレートは、数百種類以上の選択肢が業種別に用意されています。コーポレートカラーや商品の世界観を正確に反映したデザインに仕上げられるでしょう

また、決済や予約システム、問い合わせフォームなど、基本機能が豊富に搭載されています。メルマガ配信やSNSとの連携にも対応しており、効果的な情報発信が可能です。

さらに、動画マニュアルやオンラインヘルプなど、サポート体制が充実しています。個別での無料相談会も開催されており、はじめて利用する方も安心できるでしょう。

開発できるもの・店舗紹介サイト
・商品・サービス紹介サイト
・ECサイト
・セミナー受付サイト
料金プラン・フリープラン:0円
・ライトプラン:月額1,465円
・レギュラープラン:月額2,950円
・ビジネスプラン:月額3,940円
・プロフェッショナルプラン:6,910円
公式サイトURLhttps://peraichi.com/
※価格は税込

日本語対応の国産ノーコードツール|アプリ開発編

日本語対応の国産ノーコードツール|アプリ開発編

業務アプリ開発に強みを持つ国産ノーコードツールには以下の4つがあげられます。

  • Yappli
  • Click
  • Kintone
  • サスケWorks
  • Platio

YappliとClickはBtoC向け、サスケWorksとPlatioはBtoB向けのノーコードツールです。KintoneはBtoB向けですが、企業規模や業種を問わず利用できます。

Yappli

Yappli
引用:Yappli

Yappliは、株式会社ヤプリが提供するノーコードツールです。多くの企業から厚い支持を受けており、リピート率は99%を誇ります。Yappliの特徴は汎用性に優れている点です。

クーポンやスタンプカード、ARなど、マーケティング機能が豊富に搭載されています。店舗情報や地図もアプリに掲載できるため、集客率改善を早期に実感できるでしょう。また、タイマー配信やジオプッシュ配信など、用途に応じて情報発信の方法を選択できます。

加えてMAやGoogle Analytics、AppsFlyerなど、多くの外部ツールとの連携が可能です。分析結果から既存顧客の属性やニーズを把握し、良質な顧客体験の提供につなげられます。

開発できるもの・会員管理アプリ
・店舗アプリ
・EC集客アプリ
・Web接客ツール
料金プラン要問合せ
公式サイトURLhttps://yapp.li/
※価格は税込

Click

Click
引用:Click

Clickは、MikoSea株式会社が提供するBtoC向けのノーコードツールです。アプリを作成する際は、20種類以上の選択肢から必要な機能を組み合わせ、アプリに実装します。

クーポンやポイント、地図など、実店舗への来店を促す機能が多数提供されている点が特徴です。チャットやレビュー機能を実装すると、顧客ニーズを把握しやすくなります。

また、YouTubeの動画やライブ配信機能を実装すると、幅広い年齢層に情報を発信できるでしょう。Clickは高性能サーバーを搭載しており、大規模なデータ処理に対応しています。動画の配信中に速度遅延や通信障害が発生する心配はありません。

さらに、完成したアプリはApp StoreとGoogle Play、双方のアプリストアで公開が可能です。iOSとAndroid向けに、別々のプログラムを用意する必要もありません。

開発できるもの・店舗向けアプリ
・マッチングアプリ
・地域活性化アプリ
・SNSアプリ
料金プラン・Free:0円
・Standard:月額4,980円/1つのIDごと
・Pro:月額21,780円/1つのIDごと
公式サイトURLhttps://click.dev/
※価格は税込

Kintone

Kintone
引用:Kintone

Kintoneはサイボウズ株式会社が提供するノーコードツールです。業種や企業規模を問わず多くの企業が利用しており、導入実績は30,000社を突破しました。

Kintoneの特徴は費用対効果に優れている点です。100種類以上のサンプルアプリが用意されており、導入後すぐに運用できます。機能の追加やデザイン変更の際も、ドラッグ&ドロップで必要な設定を選んでいくだけです。

また、アプリにはコメントやメンションなど、メッセージ機能が搭載されています。社員同士のコミュニケーション活性化や連携強化が望めるでしょう。

加えて、料金プランは高額なスタンダードコースを選んでも1人1,500円です。初期費用は発生せず、最低利用期間も設定されていません。予算確保に不安を抱える企業も十分導入可能な料金設定です。

開発できるもの・ワークフロー
・アルコールチェック記録
・受注・出荷管理
・配送依頼
料金プラン・ライトコース:月額780円/1人
(5ユーザー以上の契約が必要)
・スタンダードコース:月額1,500円/1人
(5ユーザー以上の契約が必要)
公式サイトURLhttps://kintone.cybozu.co.jp/
※価格は税込

サスケWorks

サスケWorks
引用:サスケWorks

サスケWorksは、株式会社インターパークが提供するノーコードツールです。コメントやワークフロー、グラフ作成など、さまざまな機能を搭載しています。各種機能を組み合わせたユーザビリティの高いアプリをスムーズに作成可能です

ChatGPTとも連携しており、メールや文章を自動作成する機能を搭載したアプリ開発も可能です。完成したアプリは社内で利用するだけでなく、アプリストアで販売できます。新規顧客の獲得数や売上に伸び悩んでいる場合は、販路拡大にアプリ販売を検討してみましょう。

アプリ作成に必要な作業はドラッグ&ドロップで進められるため、特別なスキルは必要ありません。また、月額料金がリーズナブルな価格に設定されている点も魅力です。無料トライアルも30日間利用できるため、ミスマッチのリスクを避けられます。

開発できるもの・顧客管理アプリ
・売上分析アプリ
・会員管理アプリ
・予約管理アプリ
料金プラン・スタンダードプラン:月額5,000円(11IDが上限)
・プレミアムプラン:月額15,000円(11IDが上限)
公式サイトURLhttps://works.saaske.com/
※価格は税込

Platio

Platio
引用:Platio

Platioはアステリア株式会社が提供するノーコードツールです。建設会社や医療機関向けを中心に100種類以上のテンプレートが用意されています。表記項目やデザインを設定するだけで、すぐに業務での運用が可能です。

写真や動画、位置情報なども掲載できるため、情報量が充実した報告書を作成できます。また、アプリはユーザーインターフェースに優れており、直感的な操作が可能です。操作性に悩まされる心配は少ないでしょう。

さらに、セキュリティ対策も充実しており、情報漏えいやサーバーダウンのリスクを最小限に抑えられます。

開発できるもの・工事改善レポート
・工事現場ヒヤリハット記録
・訪問介護管理
・通所介護ケース記録
料金プラン・スタンダード:月額20,000円
・プレミアム:月額90,000円
・エンタープライズ:月額200,000円
公式サイトURLhttps://plat.io/ja/usecases/nocode
※価格は税込

日本語対応の国産ノーコードツール|ECサイト・ネットショップ作成編

日本語対応の国産ノーコードツール|ECサイト・ネットショップ作成編

ECサイトの構築に強みを持つ国産ノーコードツールは以下の4つです。

  • カラーミーショップ
  • BASE
  • ecforce
  • STORES

自社に合ったツールを選択するためにも、個々の特徴や搭載機能を正確に把握しましょう。

カラーミーショップ

カラーミーショップ
引用:カラーミーショップ

カラーミーショップは、GMOペパボ株式会社が提供するECサイト特化型のノーコードツールです。多くのユーザーに導入されており、導入件数は22,000件を突破しました。カラーミーショップは、安定した収益を確保しやすい点が特徴です。

どの料金プランを選んでも、販売手数料はかかりません。決済手数料も3.14%~と業界トップクラスの安さとなっており、売上が増えるほど多くの利益を確保できます

また、利便性と安全性に優れた「Amazon Pay」を無料で導入できる点も魅力です。不正決済や情報漏えいのリスクを最小限に抑えられます。

加えて、SEO対策に強みを持つWordPressを無料で導入可能です。定期的な情報発信によって、新規顧客獲得やブランドイメージの向上を図れます。

開発できるもの・食品販売サイト
・インテリア販売サイト
・アパレルサイト
・越境EC
料金プラン・レギュラー:月額4,950円
・ラージ:月額9,595円
・プレミアム:月額39,600円
公式サイトURLhttps://shop-pro.jp/
※価格は税込

BASE

BASE
参照:BASE

BASE株式会社が提供するECサイト特化型のノーコードツールです。近年ユーザー数が急速に伸びており、ECサイト開設数は210万に達しました。

BASEの特徴はマーケティング機能を豊富に搭載している点ですInstagramやTikTokでの広告配信によって、自社商品の魅力を多くの方に伝えられます。広告配信の効果測定にも対応しており、解析結果を配信内容やターゲット層の見直しに活用可能です。

また、予約販売や限定販売など、ビジネスモデルや顧客属性に応じて販売方法を選択できます。予約販売は注文状況に合わせて商品を用意するため、在庫過多を防げる点がメリットです。一方、限定販売は特別感の演出によって、売上拡大を図りつつブランドイメージの向上が見込めます。

加えてスタンダードプランを選んだ場合、初期費用や月額費用はかかりません。費用を過度に気にせずオンライン販売を始められるでしょう。

開発できるもの・アパレルサイト
・アウトドア商品の販売サイト
・店舗紹介サイト
・子供服販売サイト
料金プラン・スタンダードプラン
月額0円+決済手数料3.6%+40円
・グロースプラン
月額16,540円+決済手数料2.9%
公式サイトURLhttps://thebase.com/
※価格は税込

ecforce

ecforce
参照:ecforce

ecforceは、株式会社SUPER STUDIOが提供するECサイト特化型のノーコードツールです。食品やヘルスケアなど、幅広い業界に導入されており、導入実績数は1,000サイトを突破しました。ecforceは豊富な機能を搭載している点が特徴です。

パーソナライズ対応によって、顧客情報を過去の購買履歴や趣向などと共に管理できます。集めた顧客情報は顧客体験の見直しや新商品開発、マーケティング戦略など、さまざまな用途に活用可能です

また、セット販売やポップアップ表示など、コンバージョン率を高める機能を多数搭載しています。商品を購入中の顧客にアップセル・クロスセルを提案すると、購入単価を高められるでしょう。過去の購入履歴や商品検索の結果を踏まえた上で、顧客におすすめの商品が提案されます。

さらに、在庫管理システムやCRMなど、多くの外部ツールとの連携も可能です。

開発できるもの・健康食品の販売サイト
・美容品の販売サイト
・ヘアケア商品の販売サイト
・食品の販売サイト
料金プラン・スタンダードプラン:要問合せ
・エキスパートプラン:要問合せ
・移行プラン:要問合せ
公式サイトURLhttps://ec-force.com/

STORES

STORES
引用:STORES

STORES株式会社が提供するノーコードツールです。実店舗とECサイト、双方の集客率を高める機能を多数搭載しています。顧客管理では購入商品や来店履歴、保有ポイントなど、さまざまな情報の管理が可能です。

顧客一人ひとりに応じた商品の提案や接客によって、顧客との関係強化を図れます。また、クレジットカード決済やコンビニ決済、楽天ペイなど、多彩な決済手段に対応可能です。顧客に「利便性に優れたECサイト」と印象付けられ、顧客ロイヤリティの向上が期待できます。

顧客ロイヤリティが高まると、自社サイトの利用に特別な価値を見出すため、簡単に他へ乗り換えません。リピート率改善や購入単価の向上など、さまざまなメリットが望めます。

加えて、Instagramでの販売や予約販売など、顧客属性に応じた販売方法の選択が可能です。

開発できるもの・女性向けのファッションサイト
・男性向けのファッションサイト
・アクセサリーの販売サイト
・食品の販売サイト
料金プラン・フリープラン:0円
・ベーシックプラン:月額2,980円
公式サイトURLhttps://stores.jp/
※価格は税込

日本語対応の国産ノーコードツール|システム構築編

日本語対応の国産ノーコードツール|システム構築編

基幹システムやグループウェアなど、システム構築に強みを持つ国産ノーコードツールは以下の2つです。

  • Wagby
  • ZeroOne

Wagbyはサンプルアプリが多数用意されており、導入後すぐに業務で活用できます。一方、ZeroOneは運営企業が開発力に優れている点が特徴です。通常よりも開発費を抑えつつ、ユーザビリティに優れたシステムを開発できます。

Wagby

Wagby
引用:Wagby

Wagbyは、株式会社ジャスミンソフトが提供するノーコードツールです。文書管理や施設予約、年休申請など、サンプルアプリが多数用意されており、導入後すぐに運用できます。

データの保存形態や操作ルールなどを設定すると、サンプルアプリのカスタマイズが可能です。カスタマイズの手順は動画で紹介されているため、比較的スムーズに流れを覚えられるでしょう

また、タイムラインやガントチャートなど、新機能も随時追加されています。利用期間が長くなるほど、ユーザビリティの向上が望める点も魅力です。

開発できるもの・売上集計アプリ
・社内ポータルサイト
・グループウェア
・文書管理システム
料金プラン開発ライセンス:月額6,600円
同時接続ライセンス:月額3,300円×人数(最低3人)
公式サイトURLhttps://wagby.com/
※価格は税込

ZeroOne

ZeroOne
引用:ZeroOne

ZeroOneは、ファウンダーズ株式会社が提供するノーコードツールです。Shopify向けのテンプレートが多数用意されています。テンプレートの活用によって、ビジネスチャットや予約システムとの連携が可能です。

また、ZeroOneを利用したカスタム開発にも対応しています。基幹システムやRPA、顧客接点ツールなど、さまざまなツール開発の依頼が可能です。ソースコードを作成しないため、通常の開発と比べて開発費と開発期間を大幅に削減できます。

さらに、リリース後の機能拡張やデザイン変更が進めやすい点もプラスです。

開発できるもの・基幹システム
・Shopify向けの業務自動化アプリ
・SFA
・グループウェア
料金プラン・フリープラン:0円
・パーソナルプラン:月額3,300円
・プロフェッショナルプラン:月額16,500円
・コーポレートプラン:月額55,000円
・エンタープライズプラン:要問合せ
公式サイトURLhttps://zeroone.today/
※価格は税込

日本語対応の海外産ノーコードツールも紹介!

日本語対応の海外産ノーコードツールとして便利なのが「Shopify」です。

Shopifyは日本語表記に対応した代表的なノーコードツールです。豊富な機能をリーズナブルな価格で利用できるため、多くの店舗がShopifyを利用しています。ただし、カスタムアプリやテンプレートの一部は日本語に対応していないため、注意が必要です。

また、日本語での電話サポートにも対応していません。ライブチャットは24時間365日体制で稼働しているため、チャットで問い合わせをしましょう。

Shopify

Shopify
引用:Shopify

Shopify Japan株式会社が運営するECサイト構築に特化したノーコードツールです。世界170カ国以上で導入されており、導入店舗数は数百万に達しました。無料のデザインテーマが100種類以上用意されており、ブランドイメージに合ったデザインに仕上げられます。

サイト制作に必要な作業はテーマと配色、商品画像の選択だけです。ドラッグ&ドロップで作業を進められるため、操作に特別なスキルは必要ありません。同様の手順でロゴマークを制作し、商品に掲載すると認知度やブランドイメージ向上を図れるでしょう。

また、8,000種類以上のカスタムアプリが用意されており、必要な機能を随時追加できます。さらに、多くの言語や通貨、決済手段に対応しており、越境ECとして利用できる点も魅力です。

現地への商品発送や海外モールへの出店も望めるため、海外進出の準備をスムーズに進められるでしょう。

開発できるもの・女性向けのアパレルサイト
・スキンケア商品の販売サイト
・飲料販売のサイト
・越境EC
料金プラン・ベーシックプラン:月額25ドル(日本円で約3,752円)
・スタンダードプラン:月額69ドル(日本円で約10,356円)
・プレミアムプラン:月額299ドル(日本円で約44,874円)
公式サイトURLhttps://www.shopify.com/jp

ノーコード開発なら「Swooo」にお任せください!

ノーコード開発なら「Swooo」にお任せください!

Swoooはノーコードツール「bubble」での開発を得意とする企業です。bubbleでは、プログラミングに比べて開発費を1/2~1/3程度に削減可能です。ソースコードも作成しないため、開発期間も大幅に短縮できます。

Swoooでは、これまでビジネスマッチングサイトやライフイベント管理システムなど、さまざまなサービスを開発してきました。実績や開発力が評価され、bubbleの公認エージェンシーにも認定されています。

また、bubbleは他のノーコードツールと異なり、プログラミングの記載にも対応しています。そのため、独自のプラグイン開発やAPI開発など、自由度の高い開発への対応も可能です。

ノーコードでのアプリ・システム開発を検討している方は、Swoooにご相談ください。

日本語対応のノーコードツールについてのよくある質問

日本語対応のノーコードツールに関して皆様から寄せられた質問をQ&A形式で紹介します。

Q.ノーコードツールとはどういう意味ですか?

ノーコードツールとはソースコードを書かなくても、業務アプリを開発できるシステムです。通常のプログラミング開発ではJavaやC#、PHPなど、開発言語を選択して設計や実装を進めます。

ノーコードツールの場合、アプリ開発に必要な作業はテンプレートやパーツの選択だけです。ドラッグ&ドロップやキーボード入力で多くの作業を進められるため、特別なスキルは必要ありません。

Q.ノーコードツールとRPAの違いは何ですか?

ノーコードツールは、コーディング不要で業務アプリ・Webサイトを開発できるシステムです。ソースコードを作成しないため、新たにエンジニアを採用する必要はありません。通常の開発と比べ、開発費と開発期間を大幅に削減できます。

一方、RPAとは人間の代わりにデスクワークをおこなうロボットのことです。事前に作業手順を登録しておくと、内容通りに作業を実行します。

RPAの導入によってデータ入力や発注処理、請求書の作成など、ルーティンワークの自動化が可能です。人間と異なり、長時間稼働しても業務の効率性や正確性が落ちる心配はいりません。業務の自動化によって営業や商品企画など、売上に直結する業務に多くの人員を割けます。

双方ともコーディングを必要としない以外、多くの点が異なります。ノーコードツールは開発手法の1つで、RPAは業務プロセスの自動化を図る手段の1つです。双方の特徴を正確に理解しましょう。

Q.bubbleはノーコードで日本語に対応していますか?

ノーコード開発ツール「bubble」はアメリカの企業が提供しているため、日本語には対応していません。公式サイトの表記や操作画面はすべて英語表記です。国産のノーコード開発ツールと比べると、慣れるまでに多くの時間が必要になります。

bubbleを利用する際は翻訳アプリ「DeepL」を活用すると、正確な日本語への翻訳が可能です。また、近年はbubbleの情報発信サイトや解説動画も増えており、以前より情報を集めやすくなっています。

Q.ノーコードで有名なツールは何ですか?

国産ノーコードツールはBtoBとBtoC、双方に特化しているケースが一般的です。BtoB向けでは、「Kintone」「Platio」が多くの企業に利用されています。

一方、BtoC向けではSTUDIOやペライチ、Yappliなどへの評価が高いです。Shopifyの知名度も高いですが、サポート体制が万全ではない点を考慮しなければなりません。

また、サスケWorksをはじめ、少数ですがBtoBとBtoC双方に対応しているノーコードツールもあります。ビジネスモデルや予算、開発対象などに応じて、導入するツールを決めましょう。

日本語対応の国産ノーコードツール|まとめ

国産ノーコードツールは、業務アプリの開発やWebサイト制作など、ツールによって得意分野が異なります。搭載機能や料金設定なども異なるため、事前に導入目的を明確化しておくことが重要です。導入目的が曖昧な状態でツール選定に臨むと、ミスマッチを招く可能性が高まります。

また、ノーコードツールは、アプリ開発やWebサイト制作を自動化できるわけではありません。社内リソースの確保に不安を抱えている場合は、開発を外注先に依頼しましょう。

Swooo」をはじめアプリ・システム開発会社には、豊富な知識や実務経験を持つ人材が多数在籍しています。自社の要望に対して柔軟な対応が望めるでしょう。

ノーコードでのアプリ・システム開発を検討している方は、一度「Swooo」にご相談ください。

資料請求

Swoooのサービス資料をダウンロードいただけます。開発支援をご検討の方はぜひご一読ください。

ご相談・お問い合わせ

お客様の新規事業開発やマーケティング活動における課題解決をサポートします。
お気軽にご相談ください。

料金シミュレーション

たった2分で開発費用が分かります。
簡単な質問に答えるだけでお見積りが可能です。