国内初!bubble公式開発試験に合格!

【2024年最新】ソフトウェア/システム開発会社のおすすめ20選|大手企業とベンチャー別に紹介

ソフトウェア開発/システム開発は多くのビジネスにとって欠かせない要素ですが「開発会社」の選び方は複雑です。予算、技術力、信頼性、サポート体制など、考慮すべき要素は多く、選びきれないと感じている方もいるでしょう。

この記事では、ソフトウェア開発/システム開発会社の選び方のポイントから、信頼できる大手開発会社と注目のベンチャー企業をそれぞれ10社ずつ紹介します。

この記事を最後まで読めば、ソフトウェア開発/システム開発会社選びで失敗するリスクを大幅に減らし、自信を持って最適な選択ができるようになるでしょう。

この記事からわかること

・ソフトウェア開発/システム開発会社を選ぶ際の基準
・おすすめのソフトウェア会社20選
・ソフトウェア開発/システム開発を依頼する際の費用は?
・フリーランスと開発会社はどちらがおすすめ?

ソフトウェア開発/システム開発会社の選び方

ソフトウェア開発会社の選び方

ソフトウェア開発/システム開発会社の選び方は下記の5つです。

  • 予算の適正性を確認する
  • プロジェクト規模に合った会社を選ぶ
  • 評価と実績を確認する
  • 使用技術の適合性をチェックする
  • サポート体制を確認する

1つずつ確認していきましょう。

ソフトウェア開発/システム開発の基本について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ソフトウェア開発って何?意味や開発の流れ、関係する職種も解説!

予算の適正さを確認する

ソフトウェア開発/システム開発会社を選ぶ際に重要なポイントが予算です。予算と品質は密接に関連しているため、安い会社を選ぶだけでは問題が生じる可能性があります。
適正な予算はプロジェクトの規模や要件によって大きく変わるため、一概には言えません。中規模のWebアプリケーション開発であれば、おおよそ700万円〜1000万円が適正価格とされています。

適正な予算であれば、基本的な機能を持つWebアプリケーションの開発が可能であり、品質も一定レベル以上を保証できます。ただし、高度な技術やセキュリティを求める場合は、予算を上げる必要があるでしょう。

予算の適正さを確認する際には、まずは複数の会社から見積もりを取ることが重要です。それぞれの見積もりからコストを比較することで、最も適した会社を選ぶことができます。

アプリケーション開発の費用についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

【徹底解説】アプリ開発の費用相場は?見積もりの内訳や節約のポイントを解説!

プロジェクト規模に合った会社を選ぶ

ソフトウェア開発/システム開発プロジェクトの規模は、小規模、中規模、大規模の三つに大別されます

規模特徴
小規模プロジェクト短期間で完了し、少数の開発者が関与するもの
中規模プロジェクト数ヶ月から一年程度の期間がかかる
専門的なスキルを持つ複数の開発者が関与している
大規模プロジェクト開発に一年以上かかる
多数の開発者・部門が関与

規模に合った会社を選ぶ際の基準としては、以下の点が考慮されるべきです。

  • 過去の実績を確認し、自社のプロジェクトに適しているか
  • 会社の技術力と専門性が、プロジェクトの要件を満たせるか
  • コストと納期に自社のニーズにマッチするか

プロジェクト規模に合わせて選ぶべき会社も異なります。小規模プロジェクトであれば、柔軟性が高く、コストパフォーマンスに優れたベンチャー企業が適している場合が多いです。一方で、規模の大きいプロジェクトでは、多くのリソースと高度なマネジメントスキルが必要なため、大手のソフトウェア開発/システム開発会社が最も適しているでしょう。

評価と実績を確認する

ソフトウェア開発/システム開発ソフトウェア開発会社を選ぶ際には、評価と実績が非常に重要な要素です。評価と実績を確認する方法はいくつかありますが、最も一般的なのは、過去のクライアントからのレビューや評価をオンラインで調査することです。具体的には、会社のウェブサイトに掲載されているケーススタディや、第三者の評価サイト、ソーシャルメディアでの口コミをチェックすると良いでしょう。

評価を確認する際は以下の3点を満たすことが重要です。

  • 顧客満足度が高いか
  • コミュニケーションは良好か
  • 納期が守られているか

また、実績として、同じ業界や類似のプロジェクトでの成功事例があることが理想的です。

さらに、会社が受賞歴や特定の認定を持っているかを確認する必要があります。これらは、業界内で一定レベル以上の評価を受けている証拠となります。しかし、受賞歴だけで判断せず、自社のニーズに合ったサービスを提供できるかどうかも重要な判断基準となります。したがって、評価を総合的に考慮し、最も適したソフトウェア開発会社/システム開発を選ぶことが成功への鍵です。

使用技術をチェックする

ソフトウェア開発会社/システム開発が提供する技術スタックが、プロジェクトの要件や目的に合致しているかどうかをチェックしましょう。例えば、あなたが高度なデータ解析を必要とするプロジェクトを持っている場合、その会社がビッグデータや機械学習に精通しているかどうかが重要になります。

使用技術をチェックする方法としては、以下の3点が重要です。

  • 会社のウェブサイトや資料請求を行い確認する
  • 過去のプロジェクトで使用した技術を調査する
  • 会社に直接問い合わせを行う

使用技術の適合性は、プロジェクトの成功に直結する要素であり、この点で妥協することなく最適な会社を選ぶことが、プロジェクトをスムーズに進行させる鍵となります。

サポート体制を確認する

ソフトウェア開発/システム開発会社の選び方において、サポート体制の確認は非常に重要なステップです。例えば、良いサポート体制を持つ会社では、以下のようなサービスが提供されています。

  1. 24時間365日のカスタマーサポート
  2. バグ修正やアップデートの迅速な対応
  3. 専任のプロジェクトマネージャーによる一元的なコミュニケーション
  4. 緊急時の対応プロセスやエスカレーション手順の明確化

理想的なサポート体制とは、多角的なアフターフォローが確立されている状態です。特に、プロジェクトが大規模かつ複雑な場合や新技術を導入している場合は、専門的なサポートが必要となることが多いです。

サポート体制を確認する際には、会社の公式ウェブサイトや口コミ、さらには過去のクライアントからのフィードバックを参考にすると良いでしょう。また、契約前にサポートに関する詳細をしっかりと確認し、必要な場合は書面に残しておくことが推奨されます。

ベンチャーソフトウェア開発/システム開発会社のおすすめ10選

ベンチャーソフトウェア開発会社10選

まずは、ベンチャーソフトウェア開発/システム開発会社のおすすめとして、以下の10社を紹介していきます。

  • 合同会社ゼロイチスタート(Swooo)
  • 株式会社ココロザシ
  • 株式会社Act-Self
  • 株式会社blankcanvas
  • 株式会社ポコソフト
  • 株式会社GIB Japan
  • 株式会社カトム
  • 株式会社AKT Health
  • アンドジョーイ株式会社
  • 合同会社フライングスター

1.合同会社ゼロイチスタート(Swooo)

合同会社ゼロイチスタート

合同会社ゼロイチスタートの受託開発サービス「Swooo」では、ノーコードツール「bubble」を用いてソフトウェアの開発を行います。「bubble」を用いることで、プログラミング言語に比べて1/3程度の費用で開発できる点がメリットです。
また、コードを使わずに開発を行うためリリースまでの期間が短く、プロトタイプのような新規サービスの開発にも適しています。

さらに、弊社では大手のITベンダーや大手web開発ディレクター経験者が対応しているため、ソフトウェアの品質も担保されている点が特徴です。ソフトウェア開発/システム開発を依頼したいと考えている方はぜひ「Swooo」に相談してみてはいかがでしょうか。

合同会社ゼロイチスタートの公式サイトはこちら
最短2分の即時見積もりはこちらから

2.株式会社ココロザシ

株式会社ココロザシ

株式会社ココロザシは2019年に創業したITコンサルティングからSIerを受託する会社になります。

しっかりとしたコンサルティングを行い、ヒアリングから要件定義までを細かく分析した後にビジネス設計や開発を行います。

システム開発はもちろんのこと、AWSの総合支援なども行なっており非常に便利なサービスを提供し続けているベンチャー企業です。

ココロザシのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

3.株式会社Act-Self

株式会社Act-Self

株式会社Act-Selfは、東京都墨田区に本社を構えるシステム開発企業です。この会社は、特にスタートアップや新規事業を展開する企業に対して、システム開発のサービスを提供しています。

創業は2013年で、当初はフィリピンの語学学校と日本人をマッチングする事業を行っていましたが、その後、システム開発に特化して事業を展開しています。

Act-Selfのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

4.株式会社blankcanvas

株式会社blankcanvas

株式会社blankcanvasは、多言語に対応した高品質なソフトウェア開発/システム開発を提供する企業です。ギルド型の組織構造を採用しており、各言語に精通したフリーランスエンジニアが多数所属しています。そのため、言語に依存することなく、高品質なアウトプットが可能です。

ソフトウェア開発/システム開発においては、広範な知識と専門性を活かして、適切な技術選定が行えるという強みがあります。言語に囚われず、クオリティの高いプロダクトを実現することができるため、多様なニーズに対応可能です。

blankcanvasのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

5.株式会社ポコソフト

株式会社ポコソフト

株式会社ポコソフトはスマートフォンアプリの開発に特化しており、10年以上の開発実績を持つ企業です。単にアプリ作成だけでなく、お客様からの問い合わせや要望に対して、背後にある課題や問題を丁寧にヒアリングします。

ソフトウェア開発/システム開発においては、発注者目線ではなく、最終的なユーザーを意識したプログラミングを行う点が特徴です。さらに、アプリの品質と運用にも細心の注意を払い、スマートフォン業界の日々の進化に対応するために、リリース後の運用も徹底的にサポートしています。

ポコソフトのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

6.株式会社GIB Japan

株式会社GIB Japan

株式会社GIB Japanは、多様なソフトウェア開発/システム開発サービスを提供する企業です。一般的な受託開発からラボ型開発まで幅広く手がけており、AIシステム、Webシステム、スマートフォン、IOTなどのシステム開発を行っています。

特に注目すべきは、日本国内の自社でコンサルティングから運用までの一連のプロセスをワンストップで提供している点です。経験豊富なSE(システムエンジニア)が要件定義を担当し、お客様に最適なソリューションを提供することを目指しています。

GIB Japanのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

7.株式会社カトム

株式会社カトム

株式会社カトムは、WEB開発、Windowsアプリ、組込みソフトなど、多様な開発を手がける企業です。業務用のWebシステムからコンシューマ向け(BtoBtoC)のプラットフォームまで、様々な分野に対応しています。同社の強みは、Webシステムと連携する各種アプリケーション開発が得意である点です。

リアルタイム性や視認性を重視したプロジェクトにおいても、豊富な開発実績を有しています。このような多様なニーズに対応できる柔軟性と専門性が、同社をシステム開発業界で頼りにされる存在にしています。

カトムのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

8.株式会社AKT Health

株式会社AKT Health

株式会社AKT Healthは、ヘルスケアとライフサイエンスの分野に特化した戦略コンサルティング企業です。具体的には、デジタルトランスフォーメーション、高度なデータ分析、製品の商業戦略の最適化に焦点を当てています。

ソフトウェア開発/システム開発においては、IoT、AI、ビッグデータアナリティクス、ブロックチェーンなどの先端技術を駆使しています。特に、データエンジニアリングとフルスタックデータサイエンスの領域で高い専門性を持っています。

AKT Healthのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

9.アンドジョーイ株式会社

アンドジョーイ株式会社

アンドジョーイ株式会社は2016年に創業したシステム開発やWEB開発を主とする受託開発を行なっている企業です。特に、小規模なソフトウェア開発/システム開発に強みがあります。

要件定義から設計、開発までをまとめて受注する事ができる開発にも対応しております。

アンドジョーイのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

10.合同会社フライングスター

合同会社フライングスター

合同会社フライングスターは、多様なビジネスニーズに対応するソフトウェア開発会社/システム開発会社として、2021年に設立されました。この企業は、エンジニアからドローンフォトグラファー、情報発信のプロフェッショナルまで、多彩なバックグラウンドを持つスタッフがいます。

通常のソフトウェア開発/システム開発の事業はもちろんのこと、少人数ながら多様な専門家が在籍している企業となっております。

フライングスターのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

大手ソフトウェア開発/システム開発会社10選

大手ソフトウェア開発会社10選

次に、大手ソフトウェア開発/システム開発会社のおすすめを10社紹介していきます。

1.富士通株式会社

富士通株式会社

富士通株式会社は日本を代表する大手IT企業であり、多様なソフトウェアソリューションを提供しています。多くのクライアントに対して、基幹システムの構築からモバイル活用、ビッグデータ分析、クラウド・コンピューティング、セキュリティに至るまで、幅広い分野で導入されています。

富士通のソフトウェア開発/システム開発サービスは、以下が挙げられます。

  • 基幹システム
    企業の中核となるシステムを構築し運用するシステム
  • ビッグデータ分析
    大量のデータを効率よく分析するシステム
  • クラウド・コンピューティング
    クラウド基盤を活用した柔軟なシステム運用
  • セキュリティソリューション
    システムの安全性を確保するサービス

富士通のソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

2.NEC Corporation(日本電気株式会社)

NEC Corporation(日本電気株式会社)

NECは、多くの製品にソフトウェアを提供する企業です。NECのソフトウェア開発/システム開発サービスは、長年にわたって培われた開発能力と、最新の技術を取り込む改革推進能力が特徴です。

具体的には、IoT化が進む中でのソフトウェアの重要性を理解し、製品開発の課題を解決するためのサービスを提供しています。このように、NECはソフトウェア開発/システム開発の現場で直面する多くの課題に対して、独自の技術とサービスで対応しています。そのため多くの企業から高い評価を受けている点が特徴です。

NECのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

3.株式会社NTTデータグループ

株式会社NTTデータグループ

株式会社NTTデータグループは、情報通信技術(ICT)を核としたビジネスソリューションを提供する日本の大手企業です。テクノロジーの進化とともに、多様な産業に対応した高度なサービスを展開しています。

NTTデータは特に組込みソフトウェアの開発に長けています。これは、携帯電話やスマートフォン、家電製品、産業機器などに組み込まれるソフトウェアを開発する分野です。組込みソフトウェアは、パソコン上で動くソフトウェアとは異なり、製品に内蔵されたCPUやメモリといった制約の中で開発が進められます。そのため、特有の開発ノウハウが必要とされます。

また、NTTデータは、IoT関連機器やAI(人工知能)、ドローン、車載関連機器など、新たな技術分野にも積極的に取り組んでいます。そのため、メーカー系のソフトウェア開発/システム開発専門会社として、多くの経験と実績を有しています。

NTTデータのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

4.ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社のソフトウェア開発/システム開発では、5Gを中心とした通信インフラの構築に力を入れています。さらに、AI、IoT、ロボット、デジタルツインなどの先端技術を活用しています。これらの技術は、6GやHAPS(高高度プラットフォームステーション)などの未来の通信技術にも対応していく予定です。このようにして、ソフトバンクは通信基盤の高度化を目指しています。

ソフトバンクのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

5.サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社は、日本を代表ソフトウェア企業であり、特にグループウェアや業務効率化ソフトウェアの開発で知られています。1997年に設立され、多くの企業や組織に対して、コミュニケーションと業務効率を向上させるソリューションを提供しています。

サイボウズのソフトウェア開発/システム開発サービスは、主に企業内のコミュニケーションと業務効率を向上させるためのツールです。具体的には、社内SNSや業務管理ツール、スケジュール管理ソフトウェアなどがあります。特に「サイボウズガルーン」や「kintone(キントーン)」などの製品は、多くの企業で広く利用されています。

サイボウズのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

6.三菱電機ソフトウエア株式会社

三菱電機ソフトウエア株式会社

三菱電機ソフトウエア株式会社は、社会インフラシステム、防災・環境システム、行政基盤システムなど、公共性の高いシステムの開発に特化しています。特に、電力、交通、水・道路といった生活に欠かせないインフラや、自然災害に備えた安全対策、さらにはデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む官公庁・自治体向けのシステムを手がけています。

このように、三菱電機ソフトウエア株式会社は、社会インフラの安全性と効率性を高めるためのソフトウェア開発/システム開発に力を入れています。そのため、公共プロジェクトや大規模なシステム開発に関わる場合、この会社のサービスは非常に有用です。

三菱電機ソフトウエアのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

7.株式会社日立製作所

株式会社日立製作所

株式会社日立製作所(Hitachi Ltd.)は、1910年に機械修理工場として創業された歴史ある企業です。特に、情報・通信システム部門は日立グループ全体の売上規模の約6分の1を占める重要な部門であり、日立の中核を担っています。

日立製作所のソフトウェア開発/システム開発サービスは、多様なニーズに対応しています。コンサルティングからシステム構築、運用・保守・サポートまで、システムのライフサイクル全体に対応している点が特徴です。具体的には、システムソリューション、プラットフォーム、技術・デバイスなど、様々な分野で高度なITサービスを提供しています。

特に、システムのライフサイクル全体をカバーする一貫したサービスは、多くのクライアントにとって魅力となっています。

日立製作所のソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

8.キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンITソリューションズ株式会社は、多様なソフトウェアソリューションとサービスを提供する企業です。特に、人工知能(AI)技術においては、動画像解析、文字認識、需要予測、自然言語解析など、多くの分野で積極的な研究開発を行っています。

同社のソフトウェア開発/システム開発サービスで特に注目すべきは、オブジェクト指向技術を用いた組込みシステムから大規模基幹システムまでの開発能力です。また、Operations Research(OR)技術を活用して企業経営に関わる課題解決を行い、供給チェーン管理(SCM)領域で成果を上げています。他にも、高度な日本語処理技術を用いたメールセキュリティソフトや類似文書検索エンジンの開発も行っています。

キヤノンITソリューションズのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

9.伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、ITソリューションを提供する日本の企業であり、多くの産業に対して幅広いITサービスを提供しています。企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するためのソリューション、クラウドサービス、セキュリティ対策、ビッグデータ解析など、様々なサービスを展開しています。

サービス内容としては、企業が抱える課題に対するオーダーメイドのソリューション提供が主力です。特に、クラウドコンピューティング、AI、IoTなどの先端技術を活用したサービスが評価されています。また、長年の業界経験と専門知識を活かして、顧客企業が直面する複雑な問題に対しても高度なソリューションを提供しています。

伊藤忠テクノソリューションズのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

10.SCSK株式会社

SCSK株式会社

SCSK株式会社は、住友商事グループのシステムインテグレーターです。ITコンサルティングからシステム開発、検証サービス、ITインフラ構築、ITマネジメント、ITハード・ソフト販売、BPOまで、ビジネスに必要なすべてのITサービスを提供しています。

ソフトウェア開発/システム開発は、SCSKの主要なサービスの一つです。基幹システムの開発から、業務システムの開発、Webアプリケーションの開発、スマートフォンアプリの開発など、幅広い分野のソフトウェア開発/システム開発に対応しています。

SCSKのソフトウェア開発/システム開発についてはこちらをご確認ください

ソフトウェア開発/システム開発会社についてよくある質問

ソフトウェア開発会社についてよくある質問

最後にソフトウェア開発/システム開発会社に関するよくある質問をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

ソフトウェア開発会社/システム開発会社とフリーランサー、どちらがいい?

大規模かつ複雑なプロジェクトには開発会社が、小規模で予算が限られているプロジェクトにはフリーランサーが適しています。
ソフトウェア開発会社/システム開発会社は専門性が高く、大規模プロジェクトに適していますが、料金は高めです。一方、フリーランサーは料金が手頃で柔軟な対応が可能ですが、大規模プロジェクトには不向きです。プロジェクトのニーズに応じて行うべきです。

ソフトウェア開発会社/システム開発会社の平均的な料金は?

ソフトウェア開発会社/システム開発会社の料金はプロジェクトの規模や要件により変動します。時間制では時給5,000〜15,000円、日給40,000〜120,000円。
プロジェクト制では小規模で500,000〜2,000,000円、大規模で10,000,000円以上。
ノーコード開発では上記の約1/3程度の金額で開発が可能になります。
詳しくはこちらの記事を御覧ください

ソフトウェア開発会社/システム開発会社|まとめ

この記事では、ソフトウェア開発会社/システム開発会社の選び方やおすすめの会社について詳しく解説しました。ソフトウェア開発/システム開発のパートナーを選ぶ過程は、ビジネスの独自性とニーズに適した選択をすることが重要です。

特に、開発会社の選び方においては、単に技術力やコストだけでなく、その会社が持つ独自の価値やビジョン、会社との「相性」も大きな要素となります。また、料金についても、安さだけが良さではありません。予算内で最高の品質を提供できるかどうかが、その会社の真の価値を測るバロメーターとなるでしょう。

どのような選択でも、ビジネス全体の戦略と連動しているかを考慮する必要があります。短期的な成功よりも、長期的なビジョンに基づいた選択をすることで、持続可能な成長と成功が期待できるでしょう。

資料請求

Swoooのサービス資料をダウンロードいただけます。開発支援をご検討の方はぜひご一読ください。

ご相談・お問い合わせ

お客様の新規事業開発やマーケティング活動における課題解決をサポートします。
お気軽にご相談ください。

料金シミュレーション

たった2分で開発費用が分かります。
簡単な質問に答えるだけでお見積りが可能です。