Webアプリ開発を極めたい人向け!快適に勉強できる方法を厳選して紹介

Webアプリ開発を極めたい人向け!快適に勉強できる方法を厳選して紹介

Webアプリ開発の勉強を本格的に始めたいけど、具体的に何をしたら良いか分からないと思ったりしませんか?

実際にWebアプリ開発の勉強方法の取り掛かりの仕方で、今後の学習の定着度合いや挫折率に大きく関わっているのが現状です。

今回はWebアプリ開発の勉強を始めたい人向けに、快適に学習ができる方法をご紹介します。

具体的には

・Webアプリ開発の勉強ができるサイト【3選】
・Webアプリ開発を勉強するときの注意点を3つ紹介
・Webアプリ開発を勉強するときの注意点を3つ紹介

の順番に解説していきます。

本記事を参考にして、Webアプリ開発の勉強を本格的にスタートしましょう。

また、『システム開発』の詳細についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

【初心者必読】システム開発系の会社の種類とそのメリット・デメリットについて解説!
Webアプリとは? 仕組みと作り方を解説!

Webアプリ開発の勉強ができるサイト【3選】

Webアプリ開発の勉強ができるサイト【3選】


Webアプリ開発の勉強ができるサイトとしてProgateやドットインストール、シラバスなどがおすすめです。

上記の学習サイトを活用して快適に勉強を進めましょう。

Progate

Progateビジュアルを用いた解説を行っており、とても頭に入りやすいのが特徴の学習サイトです。

なぜなら、通常の勉強とは違い専門用語をひたすら並べるような学習ではないため、快適に学べるからです。

また、エラー時に的確なアドバイスを頂けるので対処しやすいのも大きな魅力となります。

無料版と有料版の2種類がありますが、気になる人は初めに無料版から学習をスタートしましょう。

ドットインストール

ドットインストールは動画形式の講義となっており、内容が頭に残りやすいのがメリットです。

また、動画の長さも3分ほどで集中力が途切れずに学習できます。

サクサク学習したい人は高速で勉強を進められるのでとてもおすすめです。

そして、レッスン動画の数も6000件以上と豊富で充実した勉強が可能な学習サイトとなります。

シラバス

シラバス代表的なWebサイトを模範とした勉強ができるので、初心者でも上級者の技術を習得できるのが魅力の学習サイトです。

また、会員登録も不要でサイトを利用できるので、初学者の人でもWebアプリ開発の雰囲気を感じられる点で大きなメリットとなります。

そして、Webアプリ開発にはプログラミング言語の学習が必要不可欠です。

Webアプリ開発でおすすめの言語について詳しく知りたい人は、下記の記事をご覧ください。

【初心者必見!】Webアプリ開発に最適なプログラミング言語7選

Webアプリ開発の勉強でおすすめの書籍【3選】

Webアプリ開発の勉強でおすすめの書籍【3選】


Webアプリ開発の勉強でおすすめの書籍はWebサービスのつくり方やWebサービス開発徹底攻略、プロになるためのWeb技術入門などです。

Webアプリ開発をする上で大切となる知識が勉強できるのでおすすめです。

Webサービスのつくり方

Webサービスのつくり方は入門書として読みやすいとてもおすすめの本です。

なぜなら、初心者にとってWebサービスの概要を知ると今後のWebアプリ開発のイメージが湧きやすくなるからです。

上記の理由から始めに読む本としてイチ押しと言えます。

コンパクトですがとても中身の詰まった内容の本なので、Webアプリ開発を始める前に読むと効果的です。

Webサービス開発徹底攻略

Webサービス開発徹底攻略は有名なWebサービスの成り立ちや苦労話を掲載している良書で、実体験が多く載っているのが特徴です。

実際の内情を掲載している本はとても少ないので、これから勉強を始める人はとても参考になります。

具体的にはクックパッドやニコニコ動画などのWebサービスの裏側が理解できる内容が書かれています。

本格的にWebアプリ開発を実践する人は一読するのがおすすめです。

プロになるためのWeb技術入門

プロになるためのWeb技術入門はWebのデータベースの基礎を分かりやすく解説した良書で、読み進めていく中でWebに関する知識が深く浸透していく本です。

Webの仕組みについて体系的に書かれており、スッと頭に入ってくる書籍となります。

本の序盤にWeb技術の歴史についても知れるページがあるのもメリットです。

Webアプリ開発をする場合はデータベースに関する深い理解も必要になるため、とてもおすすめの教材となります。

Webアプリ開発を勉強するときの注意点を3つ紹介

Webアプリ開発を勉強するときの注意点を3つ紹介


Webアプリ開発を勉強するときの注意点として毎日少しずつでもWebアプリ開発の勉強を進める、分からない時は質問サイトを活用する、Webアプリ開発の習得は1000時間が目安などが挙げられます。

毎日少しずつでもWebアプリ開発の勉強を進める

毎日少しずつでもWebアプリ開発の勉強を進めるように意識して学習しましょう。

例えば、勉強でも新たな知識を学習しても復習しないと忘れやすくなるのと同じように、Webアプリ開発の勉強をする場合も継続して学習するように心掛るのが大切です。

スキマ時間を活用して時間を設け、細切れに学習するのも一案となります。

日々少しずつ勉強を積み重ねていきましょう。

分からない時は質問サイトを活用する

分からない時はインターネット上にある質問サイトを活用するのがおすすめとなります。

具体的にWebアプリ開発をする際に質問できるサイトとして、teratailやstackoverflowなどがありとても便利です。

自分で下調べするのも必要ですが、分からない時は積極的に質問サイトを学習に活用しましょう。

分かりやすく質問に回答してもらえるので、効率的な学習ができます。

Webアプリ開発の習得は1000時間が目安

Webアプリ開発の習得は1000時間が目安となるので、すぐに結果が表れないと思っても続けるように意識しましょう。

地道な積み重ねを続けるのが、Webアプリ開発に関するスキルアップにつながります。

始めた最初の頃は実感が持てない部分も多いかもしれませんが、焦らずに学習を続ける気持ちが大切です。

1000時間の学習を目標にしてWebアプリ開発の勉強を続けましょう。

まとめ

Webアプリ開発に関する勉強をしたい時は、インターネット上にある学習サイトや質問サイトを活用するのが効果的な方法です。

実際に独学で勉強する場合の挫折率は約90%と高く、最初の取り掛かりが今後に大きく影響すると言えます。

本記事で紹介した学習サイトや参考書籍、注意点などを参考にしてWebアプリ開発の勉強を効率的に進めていきましょう。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?