委託開発とは?具体的な流れや成功させるポイント3つを徹底解説!

委託開発とは?具体的な流れや成功させるポイント3つを徹底解説!

委託開発とは、外部に企業や個人などに開発を依頼する方法で、依頼の仕方によっては仕事を今以上に効率的に進められます。

今回は、委託開発の概要や具体的な流れや委託開発のメリットやデメリット、成功させるポイントなどについて、分かりやすくまとめました。

本記事を参考にして、最適なポイントで外部委託を活用することで、効率的に社内の業務を進めていきましょう。

委託開発とは?

委託開発とは?

委託開発とは、外部に開発を依頼する方法で、委任契約と請負契約の2種類が存在します。

委託する際に信頼できる企業に開発を依頼すると、コストの大幅な削減が可能です。

委託開発とは

委託開発とは、生産性や作業効率を向上するために、外部に開発を委託する方法です。

信頼がおけるパートナーに依頼すると、クオリティーが高い開発が見込めます。

基本的には、業務を委託する「委託者」と 、仕事を請け負う「受託者」という関係となります。

自社で開発を進めるより、コスト面で安く抑えられる場合が多いため、委託開発を導入する企業も近年は増加しているのが現状です。

委任契約と請負契約の2種類がある

委託開発には、委任契約と請負契約の2種類があります。

委任契約と請負契約の大きな違いは、報酬の決定の仕方です。

具体的には、委任契約が報酬物を納品する際に働いた時間で報酬が確定します。

対して、請負契約は納品物の完成度合いによって報酬を決定する仕組みとなります。

同じ委託契約でも、委任契約と請負契約には大きな違いがあります。

委託開発と自社開発の違い

委託開発と自社開発の違いは、自社で全ての開発を行う場合と、お金を用意して開発を行ってもらう場合の違いとなります。

例えば、自社で開発を行う場合は、外注先の選定や外注先とのオリエンテーションをする必要はありません。

しかし、高い開発スキルを保有している優秀な人材を、社内に登用する必要があります。

反対に、委託開発は上記のような外注先の選定などは必要ありませんが、多額のコストがかかる側面があります。

委託開発の流れ

委託開発の流れ

委託開発の流れとして、

  • 発注先企業への問い合わせ
  • 見積り依頼や予算調整・契約
  • 開発の設計や実装
  • 開発の打ち合わせ
  • 完成物の納品

などが挙げられます。

発注先企業への問い合わせ

初めに、依頼内容をまとめた上で、発注先企業へ相談を持ちかけます。

ある程度の、大まかな内容の企画をまとめたもので構いませんが、なるべく具体的に記入するようにしましょう。

なぜなら、具体的な記入があるほうが、細かく金額が予算を算出できるからです。

また、インターネット上で委託開発ができる企業を検索するのも効果的です。

多くの企業に相談をすることによって、コスト面やスキルなどを比較検討できます。

見積もり依頼や予算調整・契約

次に、委託開発でかかる見積もりを算出します。

金額を算出する上で重要なのは、目的となる開発期間が達成できる人材を選出してもらうことです。

具体的には、見積もりとして月単位でいくらぐらいの人件費がかかるかを検討する必要があります。

反対に、開発期間が延長するケースとなった場合に、見積もりが大きく変わってしまう原因となるからです。

コスト面を安く抑えるためにも、見積もりだけではなく最適な人材を選出してもらうように、働きかけることが大切です。

そして、算出してもらった予算を確認し、依頼内容に相違がなければ契約を行います。

開発の設計や実装

委託開発の契約を締結後に、エンジニアはシステム設計、システム設計をもとにプログラマーが実装を行います。

また、小規模の委託契約の場合にコスト削減などを目的として、プログラマーがシステム設計から実装までを担当するケースもあります。

そして、一般的には設計や実装の各家庭でドキュメントが保存されており、納品時に一緒に受け取れるように事前に伝えておくことも大切です。

開発の打ち合わせ

開発途中の制作のイメージを共有するために、打ち合わせを定期的に行うように意識しましょう。

理由は、万が一不備が生じていた場合に軌道修正できるからです。

また、打ち合わせ中に開発中のシステムを、実際に操作することも効果的です。

納品後に、打ち合わせした内容と相違があれば大幅なロスタイムとなる結果となるため、定期的に開発の打ち合わせを行うようにしましょう。

完成物の納品

動作ができているかをしっかりチェックしてもらった後で、完成物を納品してもらいます。

また、万が一バグや修正などが発生した際に、委託先企業が対応可能かを事前に確認しておきましょう。

なぜなら、納品後に修正できない状態になるとすぐに修正できないため、ユーザビリティを大きく下げる結果となるからです。

完成後のサポートの有無を事前に確認しましょう。

また、アプリ開発の依頼を検討している人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

委託開発のメリット

委託開発のメリット

委託開発のメリットとして、

  • 自社の負担が少なくなる
  • 優秀な人材を集めやすい
  • 納期を短縮できる

などがあります。

自社の負担が少なくなる

委託開発を行うと自社の負担が少なくなります。

理由は、開発に関わるコストだけではなく、社員が開発をする必要はないため負担が減るからです。

具体的には、開発人材を育成するコストが必要なくなるため、負担が少なくなると言えます。

上記の理由から、自社の負担が軽減されるメリットがあります。

優秀な人材を集めやすい

開発を行う場合に、優秀な人材を集めやすいという側面もあります。

なぜなら、委託先に優秀な人材が多数在籍しているからです。

また、一部分の開発を委託先に依頼する場合は、必要な人材にアサインしてもらうだけなので簡単です。

自社が求めるスキルを持ち合わせた、優秀な人材のみを集められるのが、委託開発の大きなメリットとなります。

納期を短縮できる

委託開発の場合は、基本的に納期を短縮できる場合が多いです。

理由は、納期が迫っている場合に人員の増員が簡単にできるからです。

対して、自社で開発を行っている場合は、簡単に人材を動員することが難しいケースが多くあります。

そして、納期に遅れると契約違反となるため、納品日に間に合わせるという意識が働く心理的な側面もあります。

委託開発のデメリット

委託開発のメリット

委託開発のデメリットとして、

  • 従業員のスキルアップにつながりにくい
  • 納品物のクオリティに差がある
  • 大幅に納期が遅れる可能性がある

などがあります。

従業員のスキルアップにつながりにくい

委託開発を行う場合は、従業員のスキルアップに繋がりにくいという側面もあります。

理由は、外部に委託しているだけでは、従業員のスキルを磨く経験にはならないからです。

開発を行う際は、スキルや知識が必要になりますが、社員が技能を高める機会を失ってしまう要因とも言えます。

そして、委託開発が主になってしまうため、常に外部へ依頼する形式となります。

場合によっては、長期的な開発になってしまい、かかるコストが大幅に増加するケースもあるので注意が必要です。

納品物のクオリティに差がある

納品物のクオリティに差があるのも、委託開発のデメリットです。

なぜなら、委託先の開発業者のモチベーションによって、納品物の質が変わってくるからです。

委託開発は、あくまで自社の製品を外部に開発してもらう形態となるため、委託先の企業のモチベーションには直接的に繋がりません。

上記の理由から、納品物のクオリティに差が出てしまうといった側面もあります。

大幅に納期が遅れる可能性がある

委託開発を依頼する場合は、大幅に納期が遅れる可能性があるのも視野に入れておきましょう。

理由は、選出する人材によって、予定よりも大幅に作業効率が遅くなる可能性があるからです。

具体的には、企業に在籍しているプログラマーや、エンジニアの質によって納期が大きく変わってきます。

仕事が速いプログラマーやエンジニアを採用している企業に委託すると、納期通りや納期より早い納品があるかもしれません。

しかし、依頼先の人材によっては、大幅に納期が遅れる可能性があるので注意が必要です。

委託開発を成功させるポイント3つ

委託開発を成功させるポイント3つ

委託開発を成功させるポイントとして、

  • 目的を明確にする
  • 綿密な開発スケジュールを依頼する
  • 契約内容を細かくチェックする

などが挙げられます。

目的を明確にする

何を作って欲しいかといった目的を、明確にしておくのが大切です。

なぜなら、明確になっていないと具体的に予算を算出できない、課題解決のためにどんなシステムが必要なのかといったことがイメージできないからです。

他には、実際に目的を明確にした上で、委託先の企業と打ち合わせを綿密に行う必要もあります。

理由は、自分のプランやイメージを相手に伝えることで、スムーズに委託開発が進められるからです。

委託開発を行う時は、目的を明確にした上で委託先に伝えましょう。

綿密な開発スケジュールを依頼する

綿密なスケジュールを立てた開発を、依頼することがおすすめです。

なぜなら、綿密なスケジュールを立てていないと作業スピードが確認しにくく、納期に遅れてしまう原因となるからです。

具体的な方法として、タスクを細分化してスケジュールを立てる方法があります。

そして、締切日にはこちらが希望する納期より少し前の日付を、設定してもらうように依頼しましょう。

上記のように設定しておくと、万が一のトラブルに対応した場合でも、納期通りに納品してもらう可能性が高くなります。

綿密な開発スケジュールを設定してもらうように、委託先企業に働きかけましょう。

契約内容を細かくチェックする

契約内容を細かくチェックするのも大切です。

理由は、しっかり納得した上で業務を委託しないと、後でトラブルになるケースが多いからです。

具体的には、業務内容や報酬、コスト面などの他に、秘密保持や情報漏洩などもチェックしておきましょう。

契約内容を細かくチェックした上で、万が一疑問点や不安な点がある際には、契約前に相談をすることをおすすめします。

まとめ

まとめ

今回は、委託開発の概要や委託開発の流れ 、委託開発のメリット・デメリット、委託開発を成功させるポイントなどについて紹介しました。

委託開発はコストが高いイメージがありますが、頼りに依頼することで本格的な開発ができるといったメリットもあり、使い方次第でとても有効な方法と言えます。

また、現代は働き方が多様化しており、外部の人材にアサインしてもらう方法も効果的です。

本記事で紹介した、委託開発を成功させるポイントを意識して外部の依頼を活用し、効率的に仕事を進めましょう。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?