アプリ開発の依頼方法は?おすすめ企業や外注先の選び方を徹底解説!

アプリ開発の依頼方法は?おすすめ企業や外注先の選び方を徹底解説!

アプリ開発依頼を検討している人の中には、「外注は失敗する」といった声に不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

実際にアプリ開発を外部に依頼する場合、上手く進められずに納期が延長になるケースも多いです。

しかし、依頼する時の注意点やポイントを事前に意識できれば、アプリ開発の依頼で失敗する確率を大きく下げられます。

今回は上記のお悩みを解決できるように、アプリ開発の依頼方法や選び方についてまとめました。

具体的には、

  • 主なアプリ開発の依頼先
  • おすすめのアプリ開発が依頼できる会社を紹介
  • フリーランスエンジニアにアプリ開発を依頼する方法
  • アプリ開発依頼後に意識したいポイント

の順に、重要ポイントを取り上げて紹介します。

本記事を参考にして最適な外注先を選び、理想のアプリ開発を実践しましょう。

▼『システム開発』の詳細についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になります。
【初心者必読】システム開発系の会社の種類とそのメリット・デメリットについて解説!
Webアプリとは? 仕組みと作り方を解説!

主なアプリ開発の依頼先

主なアプリ開発の依頼先

主なアプリ開発の依頼先として、

  • 受託開発法人
  • フリーランスエンジニア

などが挙げられます。

依頼先を選択する理由は、 開発したいアプリの目的によって最適な依頼先が異なるからです。

開発の目的が達成できる依頼先にアプリ開発を外注しましょう。

アプリ開発会社

アプリ開発会社は大手と中小企業で納品スピードや技術力、コスト面などが異なります。

具体的には、大手のアプリ開発会社は高い技術力を有しており予定通りの納品が多いため、基本的に納品が遅れる場合がありません。

欠点として大企業はコスト面では高くなる傾向があり、費用がかかるのがデメリットです。

中小企業のアプリ開発会社は、低コストで外注が可能なのがメリットです。

ただ、大企業と比較すると技術力が劣る面があります。

また、納品が遅れるケースも考えられるため、期日までに納品を重視したい人は大手の会社を選ぶのが良いでしょう。

フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアは法人に依頼するよりも、格安で外注ができるのが大きなメリットです。

案件量によっては短期間で完了するアプリ開発の依頼もあり、簡単にできる部分はフリーランスエンジニアに外注すると、経費を削減ができます。

フリーランスエンジニアに依頼する時のデメリットとして、アプリ開発が成功しないケースが考えられるため、実績のある人材を選ぶのが大切です。

おすすめのアプリ開発が依頼できる会社を紹介

すすめのアプリ開発が依頼できる会社を紹介

おすすめのアプリ開発が依頼できる会社として、

  • 合同会社ゼロイチスタート
  • バルテス・モバイルテクノロジー株式会社
  • パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
  • 株式会社ディー・フォレスト

などがあります。

各企業の特徴を理解して最適な会社に依頼しましょう。

合同会社ゼロイチスタート

ノーコード・ローコードとのハイブリット開発を得意としたWebアプリ開発を行っているサービスで、目的にあったミニマムな開発を実現します。
通常のコーディングも対応できるのが特徴として挙げられます。

売上につながる製品を素早く立ち上げたい場合のMVP開発や、社内の煩わしい業務を最低コストで自動化する社内業務ツール開発など、柔軟に対応が出来ることが強みです。

受託から開発後の管理まで一貫して行うため、請負会社ごとのコミュニケーションミスによる品質の低下などが起こらず、要件に沿った実装をすることが可能です。

大手ITベンダー、大手Webディレクター2人体制でのプロジェクト管理を徹底しており、ビジネスのROI最大化を目指した質の高い価値提供が出来ます。

開発以外にマーケティング支援も行なっているため、エンジニアリングのみではなくビジネス観点でも相談可能な数少ない受託開発サービスです。

バルテス・モバイルテクノロジー株式会社

バルテス・モバイルテクノロジー株式会社は、リリース後の障害発生率がとても低く、高い技術力にとても定評がある会社です。

実際に社内で厳しいテストを実施しているため、高品質なアプリ開発を可能にしている背景があります。

また最適な機能を提案してもらえるので、依頼が初心者の人でも安心して外注できるのも魅力です。

高い技術力を基準とした場合は、バルテス・モバイルテクノロジー株式会社を選びましょう。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社の社内は、多様な経験を持つ人材が多く在籍しており、豊富な知識を活用して顧客のニーズに答えられるアプリ開発を行っています。

特に顧客の課題解決に関しては定評があり、アプリ開発を元としたビジネスプロセスの再構築も可能です。

自分が実現したい内容が決まっておりビジネスとして成功したい人は、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社に依頼するのがおすすめです。

株式会社ディー・フォレスト

株式会社ディー・フォレストは少人数で時代のニーズに合わせたアプリ開発に定評があります。

特にスマホアプリの開発は実績があり、スマホアプリの開発目的や概要を説明するだけで、作成できる高いスキルを持った人材が在籍しています。

スマホのアプリ開発に取り組みたい人は、株式会社ディー・フォレストに依頼するのがおすすめです。

フリーランスエンジニアにアプリ開発を依頼する方法

フリーランスエンジニアにアプリ開発を依頼する方法

フリーランスエンジニアにアプリ開発を依頼する方法として、

  • クラウドソーシングを活用する
  • 知り合いに聞いてみる
  • インターネットで検索する

などが挙げられます。

上記の方法を幅広く活用して、良質なフリーランスエンジニアにアプリ開発を依頼しましょう。

クラウドソーシングを活用する

フリーランスエンジニアにアプリ開発を依頼する方法の1つに、クラウドソーシングを活用するのも有効です。

具体的なサイトとして「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。

上記のサイトでアプリ開発の応募を行うと、フリーランスエンジニアに依頼ができます。

ただ依頼する人材によって開発力に大きく差があるため、外注先を見極めるのが大切です。

知り合いに聞いてみる

知り合いに聞いてみるのも一案です。

現在アプリ開発を依頼している人の知り合いで紹介してもらえる人がいる場合に、良い人材を教えてもらえる場合があるからです。

一般的な公募のクラウドソーシングサイトで探すよりは信頼できる方法と言えます。

可能ならば、周囲の人にアプリ開発の仕事をしている知り合いがいないか尋ねてみましょう。

インターネットで検索する

インターネットで検索を行い、最適なフリーランスエンジニアにアプリ開発を依頼するのも一案です。

実際に、ブログでアプリ開発の収益や具体的な方法などを記事にして営業している人もおり、個人的に依頼するのも有効です。

具体的には、問い合わせフォームにアプリ開発を依頼したいというメッセージを送信すると、受注してもらえる場合は返答があります。

意外と公募より個人的に依頼すると、高いスキルを持った人材も多くおすすめです。

アプリ開発を依頼する時の注意点を紹介

アプリ開発を依頼する時の注意点を紹介

アプリ開発を依頼する時の注意点として、

  • アプリ開発の目的で依頼する人を使い分ける
  • アプリ開発依頼の受注実績を確認する
  • アプリ開発依頼の契約内容をチェックする

などが挙げられます。

上記のポイントに注意してアプリ開発を依頼しましょう。

アプリ開発の目的で依頼する人を使い分ける

アプリ開発の目的で依頼する人を使い分けるのが大切なポイントです。

外注する際は焦って行動を取りがちになりますが、依頼前にアプリ開発の目的を明確にするのをおすすめします。

なぜなら、作成したアプリによって必要な人員や期間が異なるので、依頼内容によってコストの削減に大きく差が出るからです。

具体的にはアプリ開発会社に依頼する場合は大がかりなアプリを作成する場合、フリーランスエンジニアに依頼する場合は短期間でアプリ開発が完了する場合などに分けて発注すると、低コストで抑えられます。

アプリ開発の目的に応じて依頼主を使い分けましょう。

アプリ開発依頼の受注実績を確認する

アプリ開発依頼の受注実績を確認するのも大切なポイントです。

特にフリーランスエンジニアに依頼する場合は、受注実績を確認すると仕事への向き合い方が確認できるので、良質な人材に的確に外注できます。

反対に受注実績を確認せずに依頼すると、音信不通になるケースも考えられるので注意が必要です。

依頼前に企業やフリーランスエンジニアの実績を確認するように意識しましょう。

アプリ開発依頼の契約内容をチェックする

アプリ開発依頼の契約内容をチェックするのも重要です。

具体的には保守サービスの有無があります。

アプリ開発を完了した後に、リリース後のメンテナンスの有無やバグの修正などを引き受けてもらえるのかといった細部まで、契約前にチェックする必要があります。

細かな部分を確認せずに契約すると、後にトラブルに発展する可能性も考えられるからです。

契約前に契約内容をチェックしましょう。

アプリ開発を依頼する前の準備

アプリ開発を依頼する前の準備

アプリ開発を依頼する前の準備として、

  • アプリ開発の意図を明確にする
  • 必要な予算をシュミレーションして準備する
  • プロジェクトメンバーの役割を確認する

などを意識するのが大切です。

上記のポイント踏まえて、アプリ開発を依頼する準備をしましょう。

アプリ開発の意図を明確にする

アプリ開発の意図を明確にしておくと、必要なスキルを保有した人や企業に依頼できます。

理由としてクラウドソーシングサイトで公募する時を例に挙げると、募集概要に見合った人材が集まりますが、達成したい目標を明確にしていないと適切な人材を集めにくくなるからです。

依頼する前にアプリ開発の意図を明確にするのが大切です。

必要な予算をシュミレーションして準備する

必要な予算をシュミレーションしておくのも重要です。

アプリ開発の目的だけではなく、かかるコストも事前にリサーチしておき準備しましょう。

具体的な算出方法としてインターネット上の見積もりができるサイトを活用しましょう。

アプリ開発費見積もりシミュレーターを活用すると、1分で費用が概算できるのでおすすめです。

プロジェクトメンバーの役割を確認する

プロジェクトメンバーの役割を確認するのも大切です。

アプリ開発を達成するためには、開発会社とのコミュニケーションや企画、社内のコミュニケーションや連携が必要だからです。

アプリ開発を外部に依頼するので安心できる部分がありますが、社内のプロジェクトメンバーが各自で役割を認識すると、スムーズにアプリ開発が進められます。

アプリ開発の依頼後に意識したいポイント

アプリ開発の依頼後に意識したいポイント

アプリ開発の依頼後に意識したいポイントとして、

  • アプリ開発後の運用に費用が必要
  • バグやトラブル時のイレギュラー対応に備えておく
  • コンテンツの追加制作が発生する可能性がある

などがあります。

上記のポイントを意識してアプリ開発後の運用を行いましょう。

アプリ開発後の運用に費用が必要

1つ目は、アプリ作成だけではなく、アプリ開発後の運用に費用が必要なことも注意が必要です。
収益化を行うために継続して運用していくのが大切だからです。

具体的には運用するサーバー費やドメイン費用などの維持費が挙げられます。

また、Webアプリに必要なサーバーについて詳しく知りたい人は、下記の記事をご覧ください。
Webアプリに必要なサーバーとは?構成とメリット・デメリットについて解説

バグやトラブル時のイレギュラー対応に備えておく

次に、バグやトラブル時のイレギュラー対応に備えておくのも大切なポイントです。

アプリを運用していても、時に使用できなくなるエラーが発生する場合があり、正常に復旧するまでに時間と修正費用がかかります。

バグやトラブルが起きた際に迅速に対応するために、アプリ開発会社と密に連携をとる姿勢が重要です。

コンテンツの追加制作が発生する可能性がある

最後に、コンテンツの追加制作が発生する可能性があることを見ていきましょう。

目的に応じたアプリを制作しても、ユーザーが快適に利用できるために改良を目指す姿勢が求められるからです。

実際にコンテンツを追加制作する場合は別途で費用がかかるため、ゆとりを持って予算を組む必要があるでしょう。
コンテンツを追加する費用を開発段階で想定をし、開発の見積りを計上しておくと良いでしょう。

まとめ

アプリ開発を依頼する時の注意点やポイントを意識して選ぶと、目的に合った最適な人材へ依頼できます。

アプリ開発を依頼すると開発に失敗するケースが多いという意見を見聞きしますが、今回紹介したポイントを元に選択すると、良い人材を集められる結果につながりやすいです。

本記事を参考にして、良質な人材や会社にアプリ開発を依頼しましょう。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?