ローコード開発とは?特徴、メリットデメリット、事例を紹介

ローコード開発とは?特徴、メリットデメリット、事例を紹介

「ローコード開発って聞いたことがあるけど、良くわからない。ノーコードと何が違うの?」
「ローコード開発のメリットは?デメリットはないの?」

ビジネスアイデアがあるけど、それに対する最適な開発手段が分からずにいる方は、こんな事で悩まれているのではないでしょうか?

そこで今回は、ローコード開発の特徴や、メリットデメリットについて紹介します。 この記事を読んで、ローコード開発が向いているサービスや、ローコード開発を成功させるためのポイントが把握できるようになれば幸いです。

では、それぞれ見ていきましょう!

ローコード開発とは

ローコード開発とは

ローコード開発とは、開発手法の一つです。ソースコードを書かずに、または最小のソースコードで、ソフトウェア開発を行う手法や支援ツールのことです。専門知識や経験を持たなくても、最小限のソースコードで業務アプリやシステムを構築できるため、近年注目されている開発手法です。

ローコード開発の特徴

最も大きな特徴は、操作が至って単純なドラッグ&ドロップの直感的な操作で開発できることです。

そのためプログラミングスキルが高くない方でも手作業によるコーディングを最小限に抑えることができ、開発に取り組みやすいことも特徴として挙げられます。

ローコード開発は要求される業務仕様などの必要最小限の情報入力を起点として、その後の情報や進歩の管理をすべて一括で管理できます。それによって常に情報の整合性が保たれ、いつでも正しい情報が把握できるため、業務変更などによる仕様の変更などにも柔軟に対応できるのも特徴の一つです。

ローコード開発では、簡単な作業での開発で無駄な基本作業のカットと、時間の短縮が見込めるために、素早く丁寧にクライアントのニーズに沿った開発がしやすいことも評価されるポイントです。

従来の開発手法との違い

従来のシステム開発では、ざっくり以下の手順で製品を作っていきます。

  1. ユーザーヒアリングを通じた、要件定義
  2. 要件定義に基づいた機能の設計
  3. 実装 (コーディング)
  4. テスト
  5. リリース

ローコード開発では、これが以下の手順になります。

  1. ユーザーヒアリングを通じた、要件定義
  2. ローコードアプリの画面上で要件定義に沿った機能設計(+コーディング)
  3. テスト
  4. リリース

ローコード開発で用いるアプリでは、すでに特定の機能を実行するパーツが用意されています。それらのパーツにはすでにプログラムが生成されているため、コーディングの手間が従来の開発に比べて減ります。

そのため、よりスムーズにシステムを開発することが可能になるのです。

また、ノーコード開発についてもよく問われる部分ですが、両者の違いについては以下の記事をご覧ください。

ノーコード開発とローコード開発の違いを徹底解説!

ローコード開発のメリット

ローコード開発のメリット

では、ローコードの具体的なメリットついて解説していきます。

開発フェーズにおける生産性が向上する

ローコード開発は、従来に比べてプログラミングを用いた実装の工数が削減されるため、開発フェーズにおける生産性の向上が見込めるのがメリットの一つです。

こうした特徴を生かして、開発生産性を大きく向上させられることがローコード開発のメリットです。

システム開発における技術のハードルが下がる

システムを開発するには、ITの知識とプログラミング技術が必要となります。しかし、ローコード開発では、あらかじめ用意されたツールを利用することで技術的ハードルが下がります。 プログラミング言語など従来必要だった技術を得てなくともシステム開発を行える場合があります。

セキュリティ対策の負担が減る

ローコード開発は専用のプラットフォームを利用することがほとんどで、それはセキュリティ対策が実施された状態で、提供されます。

このため従来のゼロからシステムを構築する開発手法よりも、セキュリティ対策の負担が軽くなります。

新しいIT技術を取り入れ易い

ローコード開発ツールは、IT環境がビジネスを牽引している現代のニーズに見合うように常に進化し続けています。 ローコード開発ツールに新しいIT技術が導入されることで、複雑化するクライアントのニーズに迅速かつ的確に対応することが可能になります。 また、便利なIT技術を導入することで、よりエンジニアの単純労働を減らし、空いた工数をより高い付加価値を生む活動に再配分することができるようになります。

ローコード開発のデメリット

ローコード開発のデメリット

プラットホーム上の操作の制約がある

従来の開発方法では、すべての機能を開発者側が手作業で開発するため、クライアントの細かい要望などにも柔軟に対応することが可能でした。

しかしローコード開発では、提供される専用のプラットホームを使って実装するシステムであるため、あらかじめ決まった範囲内での対応となります。そのため、ツールの想定外の要求には答えにくいことがデメリットとして挙げられます。

ローコード開発のプラットフォーム上で実装がされていない機能を無理やり作ろうと思うと、ツール以外で新たに開発を行う必要が生じます。この場合ローコード開発の強みである、超高速開発を活かしきれない可能性があります。

ただ利用するローコードのプラットフォームによっては、外部アプリと連携することで使えるようになる機能もあります。外部アプリの機能を活用することでやっと実現できるのか、それとも活用しても実現不可能なのかはしっかり確認しましょう。

ローコード開発ツール自体の知識やスキルが必要となる

ローコード開発ではプログラミングの作業数が減るなどの技術的なハードルは低くなります。しかし、システム設計や実装のスキルが不要になるわけではありません。

同時に、業務に沿った知識や経験も必要なのです。なぜならば、従来の開発とは違い、設計工程に注力するため、より詳細な業務が求められるからです。

ローコード開発によるメリットを生かすためには、デメリットも含めたツールの特性を理解した上で、開発を進めていく必要があります。

ローコード開発の活用事例

現在はDX (デジタルトランスフォーメーション) の取り組みの進展や新型コロナウイルスの影響により、ビジネス環境が激変するような時代です。 この中で多種多様なビジネスニーズに素早く対応するためには、アプリケーションの開発手法に変革が求められます。

ここでは重要なトレンドとなっているているローコード開発を導入している事例について、紹介していきます!

ロイヤルホスト (Web Performer)

新型コロナウイルスは外食産業に特に大きな影響を与えました。その結果、多くの飲食産業の店舗が休業や営業時間の短縮を強いられました。

外食チェーンの、レストラン「ロイヤルホスト」もその一例です。店舗によっては、休業や営業時間の短縮をせざるを得ず、大きな影響を受けたとのことです。

コロナで営業ができないとしても、会社としては従業員の生活を保障する必要があります。そこで、休業手当を支払うために必要となる、従業員の情報を迅速に収集するためのシステムを急いで開発したそうです。

2020年4月に要件定義を始めて、5月半ばには本番稼働させました。注目したいのはこの期間、約1カ月でのリリースというところにあります。

ローコード開発は短期間でのシステム開発が可能であることの良い事例です。

三井不動産リアルティ (FastAPP)

三井不動産リアルティは、かつて台帳管理や案件管理などの業務で使うアプリケーションについて、各部門が独自に行っていたため、管理の行き届かない状況に陥っていたそうです。

そこでIT統制という意味でも、これ以上のブラックボックス化を防ぐためにも、新規のアプリケーションを開発するため、プラットホームの導入をしました。

そこで実際に利用されたのが、「FastAPP」です。

「FastAPP」というローコード開発で再開発したことにより、稼働状況やメンテナスを一元化で管理することができました。

三菱UFJ銀行 (Salesforce)

三菱UFJ銀行では、システムのEOS (サポート切れ) や更新に伴うコスト負担が増大していたほか、長期にわたる開発プロジェクトも多く、開発中に発生した新たな要件を柔軟に取り込んでいけない、またROIが測りずらい分野に対する取り組みが、後手に回りがちになってしまっているという課題に対して、ローコード開発の実用を考えました。

そこで三菱UFJ銀行では、ローコード開発ツールの「Salesforce」を取りれることで、行内20,000人のユーザーが利用する大規模システムなども含め、50以上のアプリケーションを開発しました。

その結果、開発費用は約70%カット、開発期間は30%カットに成功しています。

ローコード開発の取り入れは、それだけではなく、現場の業務プロセス改善、さらには行内の働き方改革という観点でも好影響をもたらしており、今後三菱UFJ銀行では、今回構築したプラットフォームを国内のMUFGグループ企業各社、さらには海外拠点にも展開を考えているとのことです。

ローコード開発が向いている条件

ローコード開発が向いている条件

ローコード開発には、開発にかかる時間が短縮できることや、作業人員コストの削減ができることをメリットとして挙げました。

そのため、ローコード開発は、開発期間が短い場合や、現場の人員が不足している企業には、とても効率的な開発方法と言えるでしょう。

詳しく解説をしていきます。

リリースまでの期間に余裕があまりない

納期により開発期間の短いプロジェクトを進めるときは、開発期間の短縮が見込めるローコード開発を活用するきっかけになります。このような条件下で、時間短縮の可能な、ローコード開発を活用しない手はないでしょう。

今までの短い期間では、十分に開発の機能や性能に時間を多く費やす余裕はないかもしれません。 そんな現場で、ローコード開発は、今まで基本的な部分のプログラミングなどに費やしていた時間を、新たな取り組みに回せたり、尽力すべきことに充てられます。また、人件費を削減することも可能なのです。

これにより、開発時間が少ない故の、クライアントの意向に沿わない開発やプロジェクト自体の失敗など、開発者側にとっての不利益も軽減させることができるでしょう。

また、予算の関係で、開発期間を最短に抑えなければならにプロジェクトの開発の場合などについても、ローコード開発を活用すれば、効果的な成果が得られるでしょう。

プログラマー人員がそこまで潤沢に用意ができない

開発の現場で、プログラマーが不足して、プログラミング作業に多くの人員を割けないときにも、ローコード開発の活用は有効です。

ローコード開発を活用することで、基本的なプログラムは専用のプラットフォームが担当しているので、そこでの人員の削減が可能です。

ローコード開発を活用すれば、スクラッチで開発する工数がへり、カスタマイズをする作業にプログラマーの工数を割くことができ、最小限の人数で開発に取り組むことが可能です。

ローコード開発が最適な選択かは経験に富んだエンジニアの判断が必要

ローコード開発が最適な選択かは経験に富んだエンジニアの判断が必要

ローコード開発についてご紹介いたしましたが、実際には数ある選択肢の中で、ローコード開発が一番いいかどうかの判断は、いくつ情報を集めても難しいことだと思います。

弊社では、大手ITベンダー・大手webディレクター2人体制でプロジェクト管理を徹底し、素晴らしいチームワークのもと非常に高いアタリマエ品質をご提供することが可能なプロの集団です。

開発の前段階ではフルカスタマイズのデザイン作成にも対応。保守フェーズでは円滑な業務遂行を支えるDB定義書や保守ドキュメントの作成まで実施します。

デザインを通じて最終イメージを擦り合わせ、最適な開発手法を手法を選択することが可能で、安心感のある開発が強みです。

「保守性が高く、クイックで健康的な開発支援」をお探しの方は、是非一度弊社までお問い合わせください。

より効率的により早くあなたのサービスを世の中に提供できる一助になれれば幸いです。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?