ノーコードを導入している企業はどれくらい?おすすめツールも紹介!

ノーコードを導入している企業はどれくらい?おすすめツールも紹介!

企業経営者などで自社にノーコードを導入しようと考えているケースも多いでしょう。一方で他社の利用状況やどんなツールがあるのかも気になるのではないでしょうか。

そこでこの記事ではノーコードツールを導入している企業はどれくらいなのかや導入の目的も解説します。どんなノーコードツールがあるのかやノーコード導入のメリットも解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

ノーコードツールを導入している企業はどれくらい?

ノーコード 企業 割合

ノーコードツールを導入している企業はIDC Japanが2021年11月11日に発表した「国内企業におけるローコード/ノーコードプラットフォームの導入状況に関する最新調査結果」によれば、37.7%にのぼります。

この調査では少しだけコードを利用するローコードも含まれているため、必ずしもノーコードツールを導入している割合を示したものではありません。しかし今後、ノーコードツールを導入する企業の割合は増えていくことが予想されます。

その証拠に、同調査では導入に向けての実践や検証、1年以内の導入へ検討を行っている企業も約15%ありました。以下ではノーコードを導入する企業の目的を解説します。

弊社もノーコードを導入しており、安価でアプリを開発することが可能です。費用感についてざっくり知りたい方はアプリ開発シュミレーションを使ってみましょう。

ノーコードを導入する目的は「開発の民主化」

ノーコード 目的

ノーコードツールを導入する目的は、「開発の民主化」を進めることです。「開発の民主化」とは、たとえ専門知識のないような人でも開発業務に関われる状態を表します。

「開発の民主化」が進む前は、サイト制作やアプリ開発に関われるのは専門知識を持ったエンジニアなどの一部の人だけでした。しかしスタートアップなど企業によってはこれら専門的な人材を雇うことが難しい場合があります。

ノーコードツールを導入することで、誰でも自社サイトやアプリに関われるチャンスを作れるため、人件費削減など多くのメリットを受けることが可能です。

企業が導入しているノーコードツール19選

ノーコード おすすめ

ここからは実際に企業で導入されているノーコードツールを19個紹介するので、自社に合ったノーコードツールを見つける参考にしてください。

Bubble

ノーコード bubble

bubbleはアプリ開発に適したノーコードツールです。あらかじめ用意されたテンプレートからアプリ開発を進められるため、直感的な操作で誰でも簡単に扱えます。また、プラグインによって機能を拡張することもできるので、機能面にも優れたノーコードツールです。

bubble公式サイトはこちら

Shopify

ノーコード Shopify

ShopifyはECサイトを開設したいと考えている企業におすすめのノーコードツールです。特に初心者向けのノーコードとの評価を得ており、初めてECサイトを構築する人に向いています。ベーシックからプレミアムまでのプランがあり、事業規模に合わせたプランで運営を最適化できることも特徴です。

Shopifyの公式サイトはこちら

Webflow

ノーコード Webflow

Webflowはサイト構築に適したノーコードツールです。デザイン性に優れたノーコードツールであり、無料ながら自由度高くウェブデザインを構築できます。自社サイトから顧客を引き込みたいと考えている企業におすすめのノーコードツールです。

Webflowの公式サイトはこちら

Appsheet

ノーコード Appsheet

自社の業務効率を改善したいのであればAppsheetがおすすめです。写真撮影と保存、経費精算や位置情報といった様々な情報をカスタマイズして管理できます。企業によって共有したい情報は異なりますよね。社内での円滑な情報共有のためのカスタマイズならば、Appsheetが向いています。

Appsheetの公式サイトはこちら

Adalo

ノーコード Adalo

Adaloではフローに沿って作業を進めることで本格的なアプリ開発ができるノーコードツールです。初めてアプリ開発をする場合でも、豊富にテンプレートが用意されており開発の方向性を決めやすくなっています。デザイン性にも優れているので、創意工夫しながら開発可能です。

Adaloの公式サイトはこちら

Airtable

ノーコード Airtable

Airtableはクラウド上にデータを集約して管理することで業務効率化を図れるノーコードツールです。エクセルに似た表を簡単に作成できると同時にデータベースに適したカスタマイズができます。他のアプリなどとも連携できるため、データ管理がより簡単になるでしょう。

Airtableの公式サイトはこちら

Integromat

ノーコード Integromat

Integromatはメールの返信など、一部の定型的な業務を自動化することで業務効率化を目指せるノーコードツールです。メールの返信などはルーティン化できる一方で、人間の脳で把握して業務の中に組み込むのは手間がかかります。

Integromatはルーティンワークの自動化で、人間がよりクリエイティブな仕事に専念できる環境を整えるのに効果的です。

Integromatの公式サイトはこちら

Glide

ノーコード Glide

Glideはgoogleスプレッドシートをベースにアプリ開発を行えるノーコードツールです。豊富なテンプレートを直感的な操作で活用できるので、初心者でも使いやすくなっています。デザイン性を重視するアプリを開発したい場合におすすめのツールです。

Glideの公式サイトはこちら

WordPress

ノーコード WordPress

WordPressはブログ運営などのサイト構築に適したノーコードツールです。ブロック単位でテキストや画像、見出しを作れるため、デザイン性に優れた記事を作成できます。またプラグインも豊富で、機能を拡張することでよりカスタマイズされた自社サイトの構築が可能です。

WordPressの公式サイトはこちら

Amazon Honeycode

ノーコード AmazonHoneycode

スプレッドシートで業務管理などを行っている小規模事業者を中心におすすめなのがAmazon Honeycodeです。チームの生産性を高めるために重要な情報の共有や管理をスプレッドシートをベースにアプリで行えるので扱いやすいツールとなっています。業務効率化のツールを作る人材がいない場合におすすめです。

Amazon Honeycodeの公式サイトはこちら

Yapli

ノーコード Yapli

Yapliはアプリ開発に特化したノーコードツールです。導入までのスピードを上げられるだけでなく、リリース後の運用も簡単な初心者向けとなっています。これまでに500社以上の導入実績があり、継続率99%以上と高い評価を得ているノーコードツールです。

Yapliの公式サイトはこちら

Wix

ノーコード Wix

文字や画像を使った本格的なサイトを構築したい人におすすめなのがWixです。有料プランならばSEOや独自ドメインの取得も可能なため、初心者だけでなく本格的にサイト運営をしたいと考えている中上級者にも向いています。幅広い人のサイト運営にマッチしたノーコードツールです。

Wixの公式サイトはこちら

Thunkable

ノーコード Thunkable

Thunkableはドラッグ&ドロップの直感的な操作でアプリ開発ができるノーコードツールです。あらかじめデザインなどを決めるテンプレートが用意されているので、知識がない状態でもアプリ開発を進められます。AndroidとiOSの両方に対応している点も評価されているノーコードツールです。

Thunkableの公式サイトはこちら

sheet2site

ノーコード Sheet2site

sheet2siteはGoogleスプレッドシートで使えるノーコードツールの1つで、サイト構築に適しています。スプレッドシートのリンクを紐づけることで誰でもサイトを作れるので、知識は必要ありません。興味のある人はデモサイトを確認してみてから利用するのもありです。

sheet2siteの公式サイトはこちら

SpreadSimple

ノーコード SpreadSimple

スプレッドシートを活用したノーコードツールの中でも、ECサイトの構築に適しているのが SpreadSimpleです。データ管理も併用できるので、2つの機能を1つのツールで利用できる利便性があります。エンジニアがいなくても、すぐに優れたECサイトを作れるので、販売を重視する企業におすすめです。

SpreadSimpleの公式サイトはこちら

Zapier

ノーコード Zapier

ワークフローの構築によって業務効率化を図りたい人におすすめなのが Zapierです。2000以上のアプリに対応しており、これらのアプリを組み合わせられるのでカスタマイズの幅はかなり広くなっています。Gmailが1通届くだけで様々なアプリを連動させられるなど、ルーティン化している業務を自動化可能です。

Zapierの公式サイトはこちら

Notion

ノーコード Notion

Notionは業務マニュアルなどのデータを共有できるノーコードツールです。たとえばルーティン化している業務のフローをわかりやすく説明するために利用できます。作成も簡単なので、誰でもマニュアル作成できる点がメリットです。

Notionの公式サイトはこちら

ペライチ

ノーコード ペライチ

ペライチはテンプレートから簡単にホームページを作成できるノーコードツールです。また、他のノーコードツールと違って、サポーターによるアフターサービスを受けられます。サイト運営の行き詰まりなどについて相談できるので、知識がない人でも安心して利用できるでしょう。

ペライチの公式サイトはこちら

Scapic

ノーコード scapic

Scapicは3Dのモデルなどを組み込むことによって、より立体的なECサイトを構築できるノーコードツールです。平面的なサイトよりも、立体的なサイトにすることでサイトを訪れた人に商品情報をより明確に伝達できます。ECサイトの売り上げをより高いものにしていきたい企業におすすめです。

Scapicの公式サイトはこちら

ノーコードツールを導入するメリット

ノーコード 企業 メリット

ノーコードツールを導入することで、エンジニア以外の人材にもサイト制作やアプリ開発が可能になり、開発時間、コストも削減可能です。ここからはこれらのメリットについてそれぞれ解説します。

非エンジニアでも開発できる

ノーコードツールは直感的な操作で誰でも簡単にサイト制作やアプリ開発ができます。そのため、たとえば人事や経理を担当しているプログラミング知識がまったくない人でも利用可能です。このように専門的な人材なしでも開発が行えるのがノーコードの大きなメリットです。

開発時間を短縮できる

ノーコードツールは操作が簡単な分、比較的短い時間で開発を完了させられます。コードを用いた場合、本格的なものがつくれる一方でどうしても時間がかかってしまうのです。企業によっては開発にあまり時間を割けないケースもあるので、そういった場合にもノーコードは適しています。

開発コストの削減

コードの記述でサイト制作やアプリ開発をする場合、専門的な人材やツールが必要です。エンジニアを雇うのはお金がかかりますし、ツールもノーコードのものと比較して料金が高い傾向にあります。ノーコードツールであれば、これらのコストを削減可能です。資金的に余裕のない企業でも開発を現実的に行えます。

まとめ

ここまで企業がノーコードを導入している割合や目的、実際のツールを解説しました。ノーコードツールは様々なものがリリースされており、用途に合ったものを零細から大企業まで導入しています。ぜひこの記事を参考に、自社に合ったノーコードツールを見つけてみてください。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?