ノーコードのデメリットに注意!防ぐ方法やメリットも解説

ノーコードのデメリットに注意!防ぐ方法やメリットも解説

最近注目を集めている、ノーコードの導入を検討している人も多いでしょう。ノーコードの種類はさまざまで、自社に合うものを選ぶことで開発を効率化できます。

一方で、ノーコード開発にはデメリットもあります。デメリットを把握していないと開発が思うように進まなかったり、想定していたアプリやシステムを開発できなくなる可能性があるため注意が必要です。

今回は、ノーコード開発のデメリットを紹介します。対策やメリットも解説するので、参考にしてみてください。

ノーコード開発とは

ノーコード開発とは

最初に、ノーコードとは何なのか簡単に解説します。

ノーコードはコードなしでアプリ開発できる

ノーコードとは、コーディングをしなくてもアプリ開発できるツールを指します。コードの記述なしでシステム構築やアプリ開発ができるため、エンジニアなど専門知識を持つ人材が必要ありません。

人件費などコストを抑えられるほか、開発用のテンプレートを活用することで短期間で開発を完了させられます。

なぜノーコードが注目されるのか

ノーコードが注目されている理由には、エンジニアやプログラマーといったITスキルを持った人材の不足があげられます。

近年、さまざまな業務やサービスのIT化にともない、アプリ開発やシステム構築の必要性が高まっています。エンジニアやプログラマーの需要は急増していますが、その反面でプログラミングスキルを持つ専門的な人材は不足しており、採用に悩む企業も多いです。

しかし、ノーコードであれば専門知識が必要ないので、自社にエンジニアやプログラマーがいなくてもアプリ開発やシステム構築ができます。

ローコードとの違い

ノーコードと似た言葉として、ローコードという言葉がよく取り上げられます。ノーコードとの違いは、必要に応じてコードを記述する点です。

ローコードは部分的とはいえ、コードの記述が求められる部分もあり、プログラミングに一定の知識が必要となります。しかし、コードの記述ができれば、ツールの機能に制限されることなくアプリ開発が可能です。

ノーコードよりも自由度が高いのがローコードの特徴であり、開発するアプリによってはこちらを選択する方が適切な場合があります。

ノーコード開発のデメリット

ノーコード開発のデメリット

ノーコードのデメリットは以下の通りです。

  • 開発の自由度が低い
  • 日本語サポートのないツールがある
  • プラットフォームに依存してしまう
  • 規模な開発には向かない

それぞれ以下で解説します。

開発の自由度が低い

ノーコードはテンプレートを利用することで、簡単にデザインなどを決められて、操作も簡単です。一方で、アプリの機能やデザインがツールの持つもともとの機能に制限されてしまいます。

そのため、ツールによっては開発できないジャンルのアプリもあり、複雑で自由度の高いアプリの開発も難しいです。思った通りの開発をしたいと考えるのであれば、ノーコードよりは自由度の高いローコードやコードの記述による開発が必要となります。

日本語サポートのないツールがある

ノーコードの多くは外国でつくられたものです。外国のノーコードは顧客も外国企業を想定しているため、日本語対応していないケースがあります。

ツールの説明などが英語で記載されていると、内容の理解が進まずツールを使いにくいと感じてしまう可能性があるので注意が必要です。もし英語などの外国語に抵抗があるのであれば、日本語サポートのあるノーコードの中から使うものを選びましょう。

プラットフォームに依存してしまう

ノーコードでのアプリ開発は提供されているツールをプラットフォームに行います。ノーコードを用いて開発したアプリは、リリース後の運用や保守、アップデートも同じプラットフォーム上でしなければなりません。

もしプラットフォームがサービス提供を終了してしまった場合、そのプラットフォームで開発したアプリの運用もできなくなります。ノーコードでのアプリ開発やサービスの提供は、プラットフォームに依存する点にも注意が必要です。

大規模な開発には向かない

企業によっては、ソーシャルゲームなど大規模かつ複雑なアプリを開発したい場合もあるでしょう。ノーコードはこういった大規模な開発には適していません。

ノーコードの機能はそれほど豊富ではなく、大規模なアプリや複雑な機能には対応していないのです。ノーコードを使ってのアプリ開発は、単純な機能を持った手軽なアプリの開発に限定しましょう。

もし大規模なアプリ開発を行いたいのであれば、エンジニアやプログラマーを採用して高度な開発を行ってもらうのがおすすめです。

ノーコード開発のデメリットを防ぐ方法

ノーコード開発のデメリットを防ぐ方法

ノーコードにはデメリットがありますが、工夫次第で防げます。ノーコード開発によるデメリットを防ぐには以下の点を意識しましょう。

  • アプリなどの機能を限定する
  • 小規模な開発にのみ使う
  • ローコードの利用やエンジニア人材の採用を検討する

これらの点を意識すれば、ノーコードを適切に使いこなせます。以下で解説するので、ご覧ください。

アプリなどの機能を限定する

ノーコードはアプリ開発を簡単にできる反面、搭載できる機能に限界があります。このデメリットを防ぐには、開発するアプリの機能を限定するのが効果的です。

アプリ機能を単純なものにしつつ、数を最小限に抑えればノーコードでも簡単に開発できます。また、アプリ開発を行う人がプログラミングスキルがなく、ノーコードを使ったことがなくても開発しやすいです。

スタートアップを中心に、アプリ開発などのノウハウがない企業は単純なアプリ開発から始めて、徐々に機能を増やしていくと長期的に様々なアプリを開発できます。

小規模な開発にのみ使う

ノーコードは複雑な機能に対応しておらず、多くの顧客を獲得したい場合のアプリ開発に向いていません。ノーコードをうまく活用するには、小規模な開発のみに使いましょう。

大規模な開発でノーコードを使っても、機能が対応していない可能性が高く、中途半端なアプリになってしまう可能性が高いです。この問題を解決するには、小規模な開発のみノーコードで行うようにしましょう。

ローコードの利用やエンジニア人材の採用を検討する

ノーコードでの開発が難しい場合、ローコードを用いたり専門知識を持った人材を採用したりするのがおすすめです。

コードの記述なしでも開発できる点で、ローコードはノーコードと共通しています。一方で、必要な部分にはコードを記述できるのが特徴です。コードの記述を用いれば、自分の思った通りの機能をアプリに搭載できます。

また、より大規模な開発をするのであればエンジニア人材の採用を検討しましょう。プログラミングに精通しているエンジニア人材であれば、様々なアプリ開発に対応してくれます。顧客により満足度の高いアプリを提供したいのであれば、エンジニア人材の採用が最適です。

エンジニア人材の採用について悩んでいる人は「スタートアップがエンジニア採用を成功させる秘訣【成功事例から学ぶ】」をご覧ください。スタートアップだけでなく、多くの企業にとって参考になるエンジニア人材のポイントを解説しています。

ノーコード開発にはメリットもある

ノーコード開発にはメリットもある

ここまでノーコードのデメリットやその防ぎ方を解説しましたが、ノーコード開発にはメリットもあります。ノーコード開発によるメリットは以下の通りです。

  • 開発時間を短縮できる
  • 開発コストを削減できる
  • エンジニアやプログラマー人材が必要ない

ノーコード開発を適切に行えれば、これらのメリットを得られます。以下で解説するのでご覧ください。

開発時間を短縮できる

ノーコード開発は、ドラッグ&ドロップの簡単操作でアプリを開発できます。開発をスムーズに進められるので、コードの記述を用いるよりも短い時間で開発を完了可能です。

開発時間を短縮できれば、人件費を減らすことができ、余った時間を別の業務に振り分けられます。たとえば業務アプリの開発によって、自社の業務を短い開発時間で効率化できれば、会社全体の生産性がアップするのです。

短い開発時間でアプリ開発できるのは、ノーコード開発の大きな強みです。

開発コストを削減できる

ノーコード開発は専門的な人材や高度なツールを利用しなくて済む分、開発費用を安価に抑えられます。ノーコード自体に料金は発生しますが、それもエンジニアやプログラマーの人件費と比較すればかなり安いです。

開発コストを削減できるのは、アプリをリリースした後の運用や保守も当てはまります。運用、保守もノーコードを活用できるので、ランニングコストも抑えられる点もメリットです。

ノーコードを用いることで、開発に関わる様々なコストを抑えられます。

エンジニアやプログラマー人材が必要ない

コードの記述には専門知識が必要であり、エンジニアやプログラマーなどの人材が必要不可欠です。しかし、こうしたエンジニア人材はなかなか採用に至らない場合があります。エンジニア人材は慢性的に人手不足で、採用しようにも見つけられなかったり、条件が折り合わなかったりするのが理由です。

しかし、エンジニアやプログラマーがいなくてもノーコードであればアプリ開発ができます。自社にいる人材にアプリ開発を進めてもらえるので、新しくアプリ開発する必要がありません。

機能が単純なアプリや小規模なアプリを開発する場合、エンジニアやプログラマーを採用するよりもノーコード開発を進める方が有利な場合があります。アプリの機能などに合わせて、適切に選択しましょう。

まとめ

ノーコード デメリット まとめ

ここまでノーコード開発のデメリットやその防ぎ方、メリットについて解説しました。ノーコード開発は進め方を間違えると、様々な問題が発生し、思うようなアプリを開発できない可能性があります。

しかし、開発時間の短縮などのメリットもあるので、適切な方法で開発を進めれば有効活用できます。ノーコード開発を進める際は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

また、ノーコードは様々なツールがリリースされています。具体的にどんなツールがあるのか知りたい人には「【無料】ノーコードでアプリ開発できるおすすめツール10選を紹介」がおすすめです。自社に合ったノーコードを選ぶ参考になります。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?