【無料】ノーコードでアプリ開発できるおすすめツール10選を紹介

【無料】ノーコードでアプリ開発できるおすすめツール10選を紹介

アプリ開発に興味を持っていても、難しいコードを書くことに抵抗がありなかなか踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

この記事ではそんな人に向けて、ノーコードでアプリ開発ができるツールをおすすめ10選に絞って紹介します。

またノーコードでアプリ開発する流れやメリット・デメリットも解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそもノーコードツールとは?

ノーコードは、プログラミング不要でWeb開発ができる新しい手法です。

ノーコードの最大の特徴は、開発に時間がかからないことです。

通常のWeb開発では、プログラミングによりアプリやシステムの動作などを具体的に決めていきます。

その時にプログラミング言語を使ってコードを書いていきますが、規則や書き方を覚えなければならず専門的な知識が必要なために、プログラマー以外の人がアプリやシステム開発をすることはありませんでした。

しかしノーコードを使えばその工程は大幅に削減できるため、Web開発業界に大きなインパクトを与えました。プログラミングを用いて開発していく従来の手法よりも、時間がかからず早く開発ができることが最大の特徴です。

また、すでに完成したパーツを組み合わせて開発するツールやすごく汎用的なノーコードツールなど様々あるので、ノーコードと言っても用途によって様々です。

今回は、そんな無料でアプリ開発できるノーコード開発ツールを見ていきましょう!

▼もっとノーコードについて知りたい方はこちらの記事を参照ください
ノーコード(NoCode)とは?メリットデメリット、向き不向きを解説
ノーコード開発の会社を特徴と事例セットで10社紹介!

無料でアプリ開発できるノーコード開発ツール10選

無料でアプリ開発できるノーコード開発ツール10選

現在では、さまざまなアプリ開発のツールがリリースされています。そのためアプリ開発初心者の中には、どれを選べばよいかわからない人もいるでしょう。

そこでまずは、数あるアプリ開発ツールの中でも、ノーコードでアプリ開発できるおすすめツールを10に絞って紹介します。それぞれの特徴も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Glide

Glide

Glideはgoogleスプレッドシートをデータベースとして扱い、手軽にアプリ開発ができるノーコードのツールです。開発画面から、自分の思った通りにデザインをカスタマイズできます。

モバイル向けのアプリ開発に適していて、さまざまなテンプレートを活用できるので初心者でもアプリ開発しやすいです。料理レシピやガイドなど、コンテンツを提供するアプリ開発に向いたツールとなっています。

bubble

bubbleはノーコードのアプリ開発ツールの中でも代表的なものとして知られています。作れるアプリも幅広く、用意されているパーツをドラッグすることで視覚的に開発可能です。

ノーコードツールはデザインなど制限があるものがほとんどです。しかし、bubbleはプラグインなどを利用すれば、かなりの自由度でアプリ開発できます。自分の思い描いたままのデザインを実現できるのでおすすめです。

Adalo

Adaloは直感的な操作でアプリ開発できるノーコードツールです。操作がわかりやすく、用意された図形やテキスト入力からアプリデザインを作れます。

WEBアプリとiOS・Android向けアプリの両方を作れる利便性の高さも特徴です。幅広くアプリ開発を試してみたい人におすすめです。

build box

build boxモバイルゲームの作成に適したノーコードの開発ツールです。レイヤーごとにスマートアセットやブレインボックスといった各機能が指定されています。

事前に指定されたアニメーションやアイテムの挿入を直感的に操作できるので、ゲーム開発を短い時間で完了させられるのが特徴です。モバイルゲームを作ってみたい人は、ぜひ試してみてください。

Zapier

Zapier

Zapierはノーコードのアプリ開発ツールの中でも、業務効率化に適しています。さまざまなアプリケーションの動作を自動化でき、「Gmail」「Slack」など2,000を超えるアプリケーションとの連携が可能です。

たとえば「Gmail」にメールが受信されたのをトリガーに「googleドライブ」へ保存したり、「Slack」に共有したりできます。日々の仕事で不便を感じている人はぜひ利用してみてください。

Air table

Air tableはエクセルやスプレッドシートのようにデータベースを管理するのに適したツールです。ノーコードでデータ管理が行えるので、扱いやすさはエクセル、スプレッドシートに決して劣りません。

データを見やすくするだけでなく、タスク管理やマネジメントにも役立ちます。前述のZapierとは違ったジャンルから業務効率化を図れるツールです。

Yapli

YapliはAndroidとiOSのアプリ開発に適したノーコードのツールです。ドラッグとドロップによる操作が可能で、初心者でも直感的にアプリ開発ができます。

Yapliはこれまでに500社以上の企業に導入され、継続率99%の実績があります。初心者がただ使いやすいだけでなく、ビジネスの現場で自社アプリの開発にも利用できる優れたツールです。

Amazon Honeycode

Amazon Honeycodeは、Amazonからビジネス向けに提供されているノーコードの開発ツールです。ベータ版が2020年6月にリリースされています。

スプレッドシートをベースとしており、現場での生産性を高めるのに適したツールです。無料でも最大20メンバーまで利用できるため、少人数のチームや飲食店での利用に向いています。

webflow

webflowはCMSの作成に適したノーコードのアプリ開発ツールです。CMSとはコンテンツ管理システムのことで、ウェブコンテンツのテキストや画像を管理し、配信など必要な処理を行うために必要です。

アプリ開発だけでなく、Webサイトのデザインをしたい人にも適しているのがwebflowです。photshopに似たUIをしているため、操作を直感的に行える点も初心者におすすめです。

shopify

shopifyはECさいとの構築に適したプラットフォームです。世界175か国で利用されるほどの知名度で、充実した機能がその要因となっています。

shopifyではさまざまなカスタマイズや無料のプラグインツールも利用でき、ECサイトに必要な機能やデザインを構築可能です。

ノーコード開発ツールによるアプリ開発の流れ

ここまでアプリ開発に使えるノーコードツールを10選にしぼって紹介してきました。しかしツールの知識だけあっても、実際にどんな手順でアプリ開発するのか知らなければ意味ありません。

そこで、ここからは実際にアプリ開発をする流れを解説します。ここで解説する手順を踏むことで、スムーズにアプリ開発できるので、参考にしてください。

①企画・設計

企画・設計段階では、顧客のターゲットを決め、そこにどんな機能を持ったアプリで訴求していくのかアイデアを出して形にしていきます。

個人、チームのどちらでアプリを開発するにしろ重要なのは何が必要か明文化することです。ここでしっかりとした骨組みを組み立てることで、あとの作業を効率化できます。

②アプリ開発に使うツールを決定

製作するアプリの企画・設計が完了したら、どのツールで開発するかを決めます。アプリ開発ツールは、それぞれ機能が違うので、開発するアプリに合ったプラットフォームを選びましょう。

わかりやすい例が、ECサイトの構築やモバイルゲームといったジャンルで適したツールを決める方法です。このほかにもデザイン性なども考慮してツールを決定します。

③開発をする

ツールを決定したらいよいよアプリ開発を始めます。ノーコード開発の場合、直感的な操作で開発を進められるので比較的短期で完成するでしょう。

また、アプリ開発の際は前述した設計などを確認しながら進めるとスムーズです。

④テストをする

アプリ開発が完了しても、いきなりリリースするわけではありません。想定した通りにアプリが動作するかのテストが必要です。

ここで不具合があれば事前に修正します。ここで重要なのはユーザ目線に立って、細部までチェックを行うことです。見落としのないようにしましょう。

⑤運用・保守

アプリが審査を通り、リリースされても終わりではありません。アプリを運用し、問題が起きないための保守や問題が起きた際の対応が必要です。

必要があればアップデートも行います。ユーザの満足度を保つためにはアプリのリリース後の試行錯誤も重要です。

ノーコード開発ツールによるアプリ開発のメリット・デメリット

アプリ開発の手順を紹介しましたが、アプリ開発にはノーコード以外の方法もあります。それでもノーコード開発を選ぶことには、メリットもあればデメリットもあり、状況に合わせた選択が必要です。

そこで以下ではノーコードツールを利用したアプリ開発のメリット・デメリットを解説します。

メリット

アプリ開発のメリットには以下のものがあげられます。

・プログラミング知識がなくてもできる
・費用を抑えられる
・アプリ開発の時間がかからない

それぞれ以下で解説します。

プログラミング知識がなくてもできる

通常のアプリ開発ではプログラミング言語を用いるため、専門的な知識が必要です。開発するアプリによってはプログラマーでも難しく感じることがあります。

しかしノーコード開発ではそもそもプログラミングをしないため、知識がなくてもアプリ開発を進められます。アプリのアイデアがあっても、プログラミング知識がない人でも開発可能です。

費用を抑えられる

ノーコードツールは無料で使えるため、アプリ開発の費用を抑えられます。費用が抑えられれば、その分だけ利益をあげるためのハードルも低くなります。事業としてアプリ開発を進める場合にも、無料のツールには大きなメリットがあるのです。

アプリ開発の時間がかからない

ノーコードのツールはアプリのデザインなどを視覚で確認しながら、感覚的に開発できます。そのため、知識がない初心者でもスムーズに手順を進められるのです。結果として開発の時間を短縮できるので、時間的コストの面でもノーコードツールは優れていると言えます。

デメリット

ノーコードツールはメリットばかりではありません。デメリットも認識していないと開発の途中で思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。そうならないためにも以下のデメリットに注意しましょう。

・機能が制限される
・プラットフォームによってアプリ開発に限界がある
・本格的なアプリ開発には向かない

それぞれ以下で解説します。

機能が制限される

無料のノーコードツールの中には有料版もあるケースが見られます。こういったツールの場合、無料版では機能が制限されていることが多いです。そのため、事前に思い描いていたようなアプリを作れない可能性があります。

そうならないためにも、事前にツールの無料版にどんな機能があるか注意しておかなければなりません。

プラットフォームによってアプリ開発に限界がある

ノーコードツールのプラットフォームにはいくつか種類がありますが、それぞれのプラットフォームによって開発できるアプリに限界があります。

特定のジャンルのアプリ開発に特化しているプラットフォームだと、それ以外のジャンルのアプリを開発しにくくなるのです。そのため、利用するプラットフォームが自分の開発するアプリに適したものか事前に確認しなければなりません。

本格的なアプリ開発には向かない

ノーコードのツールは機能が万全ではないことが多いです。そのため、企業が運営しているような本格的なアプリを開発するにはプログラミング知識を用いなければなりません。

ノーコードツールで開発できるアプリは初心者向けの簡易な機能のアプリが中心になります。本格的なアプリを開発したい場合は、別のツールを用いましょう。

まとめ

ここまでノーコードでアプリ開発できる無料ツールについて、おすすめ10選や開発の流れ、メリット・デメリットを中心に解説してきました。

アプリ開発はノーコードツールを使えば、誰でも簡単に行えます。この記事を参考に、自分に合ったツールを見つけてぜひ利用してみてください。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?