【必見】格安のシステム開発会社15選と選ぶ際のポイントについて解説

【必見】格安のシステム開発会社15選と選ぶ際のポイントについて解説

「システム開発にはどのくらいの費用が必要なのか」「どのような格安システム開発会社があるのか」このようなお悩みを抱えてはいませんか。今回の記事では、システム開発の費用相場格安システム会社15選失敗しないためのポイントについて解説します。

「システム開発」について、詳しく知りたい方は下記記事を参考にしてみてください。

【初心者必読】システム開発系の会社の種類とそのメリット・デメリットについて解説!
Webアプリとは? 仕組みと作り方を解説!

システム開発の費用相場

システム開発の費用相場

システム開発の費用相場は約200万円です。

とはいえ、システム開発費はピンキリなので、システムの種類や開発規模によって大きく変動します。

例えば、簡単なシステムであれば20万円程度で開発できますが、大規模システムだと最低でも400万円は必要です。そのため、正確にシステムの見積もりができなければ、損をする可能性もあるでしょう。

ITの知識に疎い方は、見積もりを専門家に任せることも大切です。また、インターネット上には料金シミュレーションツールもあるので、ぜひ見積ってみてくださいね。

格安なシステム開発会社15選

格安なシステム開発会社15選

ここからは、格安なシステム会社を15社紹介します。

グローバルシステムズ会社

グローバルシステムズ会社を一言であらわすと「業務システムを得意とする会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「地方開発」です。拠点は徳島県徳島市ですがオンライン対応が可能なので、出張によるコストを抑えられます。また、地方で開発することによるコスト削減にも期待できるでしょう。

2つ目は「大学関連の豊富なシステム開発実績」です。大学は、大量の個人情報を扱うため、セキュリティに信頼性が必要となります。つまり、安心して仕事を任せられます。

>>グローバルシステムズ株式会社の公式サイトはこちら

コンピューターシステム株式会社

コンピューターシステム株式会社を一言であらわすと「技術力とコミュニケーション能力両方を備えた会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「幅広い開発領域」です。ソフトウェアとハードウェア、この2つの領域からワンストップ・ソリューションを提供しています。具体的には下記のシステムを開発しています。

  • 基幹システム
  • WEBシステム
  • オープンシステム
  • 汎用システム
  • GPSを用いた車両管理システム

幅広い事業領域での実績があります。クライアントの抱える課題を解決するために、多くの知識やサービスを提供してくれるでしょう。

2つ目は「ITアウトソーシング」です。外部資源の活用することで、業務の効率化を図ります。そして、アウトソーシングを導入することにより、クライアントは自身の事業へ専念することが可能です。

>>コンピュータシステム株式会社の公式サイトはこちら

株式会社アイビーシステム

株式会社アイビーシステムを一言であらわすと「お客様との対話を重視する会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「ダイレクトマーケティングソリューション」です。ダイレクトマーケティングとは、企業が顧客と直接コミュニケーションをとることで、購入を促すマーケティング手法です。この手法には、ブランドイメージを上げたり、機会損失を減らす効果があります。企業と顧客の「接点」を大切にしたい方におすすめです。

2つ目は「提案力・分析力」です。コールを活用したABテストによる顧客の掘り起しや購買傾向調査、構築電話による調査業務を主に実施しています。そのため、戦略的に売り上げを拡大したい方にもおすすめの会社です。

>>株式会社アイビーシステムの公式サイトはこちら

キョードー・システムズ株式会社

キョードー・システムズ株式会社を一言であらわすと「豊富なシステム開発実績を誇る会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「ライブラリ化した知識」です。株式会社セルネッツは、業務支援・官公庁・流通・製造・金融等の一般情報系から、ネットワーク、モバイル等の通信系、情報制御等の組込系まで多岐に渡って、システム開発を行なってきました。

その膨大な経験や開発知識を社員間で共有するために知識をライブラリ化しています。社員一人ひとりに知識が浸透しているため、安心して開発を任せられるでしょう。

2つ目は「アプリ開発」です。iOSやAndroidに対応しており、フレキシブルな画面で直感的な操作に優れています。そのため、ユーザビリティに長けたシステム開発を実施したい方におすすめの会社です。

>>キョードー・システムズ株式会社の公式サイトはこちら

株式会社セルネッツ

株式会社セルネッツを一言であらわすと「ExcelやAccessを用いた業務改善に長けた会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「高品質かつ安心なシステム」です。いくら開発コストが抑えられたとしても、目的のシステムが手に入らなければ意味がありません。しかし、株式会社セルネッツは高品質でかつ1年間の動作保証がついています。開発後の保証が欲しい方におすすめです。

2点目は「Excelによる業務効率化」です。Excelで業務の効率化は図れるのかと思われた方も多いでしょう。

結論、Excelで業務の効率化は図れます。セルネッツの具体的な実績・ソリューションは下記の通りです。

  • アンケート調査データ管理
  • オンライン通販データ管理
  • 建設リフォーム発注
  • 受注EDIデータ変換システム

上記より、Excel中心の業務を行なっている方におすすめの会社といえるでしょう。

>>株式会社セルネッツの公式サイトはこちら

株式会社プラムザ

株式会社プラムザを一言であらわすと「コスト削減を長けた会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「必要な仕様書以外は、極力作らないこと」です。これは、仕様変更にも柔軟に対応するための措置で、コスト削減にも一役買ってくれます。システム開発において、仕様変更はよくあることです。

変更分だけ、ユーザーが求めているシステムに近づきますが、コストはできるだけ抑えたいものです。コストを抑えながら、システムを開発できます。

2つ目は「クライアントのニーズを叶えること」です。元々あるシステムを利用するのではなく、0から作っていくので、共同開発に近い形になります。

システムとして実現するには、要望の細部まで知る必要があるため、プラムザの担当者は念入りヒヤリングを心がけています。そして、そのやり取りの中での気付きがシステム開発に活きています。

>>株式会社プラムザの公式サイトはこちら

株式会社ebookcloud

株式会社ebookcloudを一言であらわすと「業界トップクラスの安さが売りの会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「ノーコードアプリ開発」です。ノーコード開発とは、プログラミングの知識がなくても、システム開発を行えるツールで、比較的コストを抑えて開発を進めていくことができます。どこよりも安くアプリ開発することを念頭に置いている会社ですが、そのモットーには「格安、高品質」というものがあります。ゆえに、品質もしっかりと担保されているので安心してください。

2つ目は「実績が豊富であること」です。4000以上の実績があり、それらは主に株式会社ebookcloudのApp1というアプリ作成ツールがもとになっています。このツールは、いわゆるノーコードツールで月額9800円から利用できます。そんなApp1ですが、全ての業種に適用可能で、汎用性が高いシステム作成に長けています。

>>株式会社ebookcloudの公式サイトはこちら

株式会社テスプロ

株式会社テスプロを一言であらわすと「ビジネスの観点に長けた会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「システムパッケージ」です。システムパッケージとは既に出来上がっているシステムを指します。このシステムパッケージをカスタマイズすることで、お客様の業務形態にあわせたシステムに再構築していくことが可能です。オーダーメイドに比べて、スピーディーな開発に長けています。

2つ目は「発想と実行力」です。システム開発はあくまでも手段であり、お客様の課題を解決することこそがゴールです。株式会社テスプロは、その観点をもって初めから保守・運用まで見据えた設計・開発を行うのはもちろんのこと、開発後のさらなる利益や進化を見据えた新しい提案を実施しています。

>>株式会社テスプロの公式サイトはこちら

トラスティア株式会社

トラスティア株式会社を一言であらわすと「ベンチャースピリットあふれた会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「共同開発」です。その手法は、お客様が本当に必要としているものを一緒に考え、模索しながらご要望を具現化していくスタイルが多く、アジャイルという開発手法を取り入れています。そして、アジャイル開発はクライアントの生の声を反映させることに長けています。

2つ目は「止まらないシステム」です。インフラ系のシステム開発で鍛えられた確かな技術力が元となり、継続的でかつ半永久的なシステムを開発できます。安定稼働を求めるクライアントにおすすめの会社です。

トラスティア株式会社の公式サイトはこちら

株式会社アプキー

株式会社アプキーを一言であらわすと「オフショア開発に長けた会社」です。オフショア開発とは海外の会社に業務の一部を委託し、開発を行うことを指します。

主な強みは2つあります。

1つ目は「格安な開発コスト」です。日本ではIT人材不足が深刻化し、開発コストが高沸している現状にあります。また、残業時間上限法案の実施から、今後さらに開発費が高沸していくことが想定されます。

しかし、株式会社アプキーでは、インドネシアのバリ島にて開発を委託しています。ゆえに、日本の3割程度のコストから開発できます。

2点目は「グローバルな対応」です。インドネシアのバリ島に支社がある関係で、英語はもちろんのこと、インドネシア語、日本語と様々な言語に対応しています。ゆえに、これから海外に目を向けていきたい方にもおすすめです。

>>株式会社アプキーの公式サイトはこちら

株式会社メイク

株式会社メイクを一言であらわすと「管理システムの開発に強い会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「大手企業からの依頼が多いこと」です。大手企業と提携するには、それなりの実績と確かな技術力が必要となってきますが、株式会社メイクはその壁をクリアしています。

特に、東芝系列の会社からの受注が多く、複雑で大規模なシステムを開発する能力に長けており、中でも、医療関連や会計管理、WEBサービスなどの管理系のシステムに強いという特徴があります。

2つ目は「効率的な開発」です。専門分野におけるシステムの質が高く、豊富なノウハウがあるため、効率的な開発が実現できます。また、その効率の良さから、開発の費用の削減にも成功しています。

>>株式会社メイクの公式サイトはこちら

株式会社エスワイシステム

株式会社エスワイシステムを一言であらわすと「技術力とグローバル展開に長けた会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「独自のオフショア開発」です。一般的なオフショア開発の場合、開発先は固定されているため、時期によっては、体制を整っていないこともしばしばあります。その結果、開発を断念するというケースがよく見受けられます。

しかし、株式会社エスワイシステムでは、上海・西安2つの拠点を軸として、時期を問わず、安定的なオフショア開発を実施しています。ゆえに、常に同一の品質を提供できます。

2点目は「品質の確保」です。委託先の上海、西安の両社は、ソフトウェア開発プロセスの能力成熟度を評価する国際基準「CMMI レベル3」達成の認証を受けています。

一般的な企業がレベル1または2の評価を受けているため、株式会社エスワイシステムのオフショア先の技術力は信頼に足るものだと言えるでしょう。 QCDを重視されたい方におすすめです。

>>株式会社エスワイシステムの公式サイトはこちら

株式会社タクト

株式会社タクトを一言であらわすと「完全自社開発が売りの会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「完全オーダーメイド制」です。上記でも少し触れましたが、完全自社開発を実施しています。そのため、システム開発の費用が比較的抑えやすくなっています。また、機能的でシンプルなシステムに仕上がるというのもメリットの1つです。

2点目は「ネットワーク環境構築」です。株式会社タクトは、基幹システムだけでなく、ハードウエアを含めたネットワーク環境の構築も行っています。ゆえに、ITに関するそのマルチな知識からトータルサポートも充実しています。

>>株式会社タクトの公式サイトはこちら

株式会社アドネット

株式会社アドネットを一言であらわすと「企画・提案からデザイン・開発まで支援できる会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「ベトナムオフショア開発」です。株式会社アドネットでは、ベトナムで開発を行なっています。ゆえに、開発で最も大きな割合を占める人件費が抑えられるため、システム開発にかかる費用も抑えることが可能です。開発はベトナムにて実施されますが、納品前には検証を日本側で実施します。

2つ目は「細かな要望に応えれること」です。株式会社アドネットは、開発のデザインからプログラミング、アプリのバックグラウンドで動いているサーバーの設定までを自社で実施しています。細部にまでこだわりたい方におすすめです。

>>株式会社アドネットの公式サイトはこちら

株式会社コアネット

株式会社コアネットを一言であらわすと「インターネットの販路拡大に強い会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「オンラインショップシステム」です。株式会社コアネットにはi-systemというウェブカードシステムがあります。このシステムはインターネット販売に優れており、クライアントの商品を簡単かつ便利に、全国販売することができます。インターネットでの販路拡大を狙っている方におすすめです。

2つ目は「マルチサービス」です。株式会社コアネットでは、WEB制作やネットワーク構築、アフィリエイト機能にも力を入れています。ゆえに、さまざまな側面からクライアントを支えることが可能です。

>>株式会社コアネットの公式サイトはこちら

株式会社DOKE

株式会社DOKEを一言であらわすと「ヒヤリング力に長けた会社」です。

主な強みは2つあります。

1つ目は「担当者のコミュニケーション力」です。株式会社DOKEも他の会社同様、低価格の部分に強みがありますが、やはり、それを実現するにはお客様からの要望をしっかりと聞き出さなければなりません。そのためには、相手の意図を汲み取る力が必要です。株式会社DOKEは非常にその能力に長けています。

2つ目は「システム開発力」です。圧倒的に安いからといって、質が担保されていないわけではありません。しっかりとした技術力があるため、幅広い種類のシステム開発が可能です。

>>株式会社DOKEの公式サイトはこちら

格安のシステム開発で失敗しないためのポイント

格安のシステム開発で失敗しないためのポイント

システム開発において最も大切なのは「自社の課題を解決すること」です。いくら格安でコストを抑えられたとしても、そもそも目的のシステムが機能していなければ意味がありません。

しかし、経営の観点からコストを重視することはとても大切なことです。開発資金に合わせて、何を捨て、何を選ぶのか精査しておきましょう。

まとめ

まとめ

今回、格安なシステム開発会社15選をメインに解説してきましたがいかがでしたでしょうか。各会社の特徴を掴めたかと思います。その知識を生かして、自身とどの会社がマッチングできるのか考えてみると良いでしょう。良いアウトプットになりますし、比較することでどこの会社が良いか明確になります。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?