おすすめのローコード開発の支援会社11選!ノーコード開発との違いも解説

おすすめのローコード開発の支援会社11選!ノーコード開発との違いも解説

ローコード開発を行いたいけど、どの会社が発注すれば良いかわからない…

依頼する会社に応じて、ローコード開発の方向性や搭載する機能、支援方法などが異なるため、企業選びはとても重要です。

今回はそんなお悩みを解決するために、

  • ローコード開発の支援会社11選
  • ローコード開発のメリット・デメリット
  • ローコード開発とノーコード開発の違い

ついて、わかりやすく解説しました。

本記事で取り上げたポイントを意識して、理想とするローコード開発が可能な企業に、開発支援を依頼しましょう。

ローコード開発の支援会社11選

ローコード開発の支援会社11選

おすすめのローコード開発の支援会社11選を紹介します。

各企業の特徴を理解して、最適なローコード開発会社に依頼を検討しましょう。

株式会社アイエンター

株式会社アイエンター

株式会社アイエンター」は「Power Apps」や「Power Automate」、「Power BI」などのプラットフォームを開発しています。

何から進めていったら良いかわからない人でも、気軽に相談できる企業です。

また、相談段階から親身になって携わってくれるため、安心してローコード開発の依頼ができます。

初めての依頼で不安な人は、株式会社アイエンターを利用すると良いでしょう。

NTTデータビジネスシステムズ

NTTデータビジネスシステムズ

NTTデータビジネスシステムズ」は、ローコード開発トータル支援サービスを実施している企業です。

OutSystemsと呼ばれる、業界トップレベルの開発プラットフォームを使用しており、素早い開発スピードが可能です。

具体的には、通常の開発スピードの5倍から10倍の速さで開発できます。

また、外部連携や変更要求に対応できるシステムとなっており、利便性が高いです。

スピーディーかつクオリティの高い、ローコード開発を依頼したい人はおすすめです。

株式会社ファンリピート

株式会社ファンリピート

株式会社ファンリピート」は、最短3週間でローコード開発のリリースが可能な企業です。

中でも、スピーディな展開が可能なため、新規事業の開拓を希望している会社におすすめです。

また、スピードだけではなく、今まで蓄積したデザイン資産も豊富なため、開発スピード向上やコスト削減を見込めます。

その他、24時間体制のフィードバックシステムを採用しており、いつでも開発経過を確認できる点も特徴です。

株式会社システムキューブ

株式会社システムキューブ

株式会社システムキューブ」は、あらゆる要素を総合的に考慮した、ローコード開発を行う会社です。

高い技術力を備えているのはもちろんですが、同時に顧客にとって最適な方法を、常に模索して開発を行っています。

今まで以上に業務を効率化したい、生産性を向上させたい企業に最適です。

株式会社ヘッドウォータース

株式会社ヘッドウォータース

株式会社ヘッドウォータース」は、AI アプリを中心に開発している企業です。

近年求められている高速運用できるアプリ開発を、コンセプトとして掲げています。

中でも、IoT領域のPoCやスタートアップを次々に仕掛けており、高機能かつ高速で利用できる、ノーコードアプリを求めている人はおすすめです。

株式会社フロッグポッド

会社フロッグポッド

株式会社フロッグポッド」は、「PowerApps」や「Power Automate」を使用して開発を行っています。

Microsoft から支援依頼が来た際の事例が紹介されており、高い技術力という評価を受けている企業です。

低コストで短期間のアプリ開発を行い、素早く事業を改善できるローコード開発を進めています。

株式会社QES

株式会社QES

株式会社QES」は、パワープラットフォームを使用した収集から、分析可視化までを一貫して行っている企業です。

また、別途有償プランとなりますが、「Microsoft database」の導入も可能です。

「Microsoft database」は、社内データの一元管理が容易にできるライセンスで、業務を効率的に進められます。

ローコード開発のスピード感だけではなく、Microsoft 365 も同時に活用したい人向けの会社です。

アーティサン株式会社

アーティサン株式会社

アーティサン株式会社」は、コード開発とコーティング技術を組み合わせた、高品質で低コストを展開している会社です。

通常、コストパフォーマンスが高いものは費用がかさみますが、低コストで高パフォーマンスのローコード開発を実現できます。顧客の環境に寄り添った、ローコード開発支援が特徴です。

インフォシェア株式会社

インフォシェア株式会社

インフォシェア株式会社」は、「業務を効率化して時間を創る」を、コンセプトとして掲げている会社です。

小規模ツールからOffice 365専用ツールまで、幅広くローコード開発ができます。

開発方法に細かい要望がある場合は、「インフォシェア株式会社」を利用しましょう。

プロアクシアコンサルティング株式会社

プロアクシアコンサルティング株式会社

プロアクシアコンサルティング株式会社」は、通常のローコード開発だけではなく、 PowerAppsやPower Automate などが学習できるワークショップを開催しています。

ローコード開発を行うと移動中に操作ができるため、業務の効率化を図れます。

また、ワークショップでは動画による学習が可能となっており、視覚的に快適に学習できおすすめです。

株式会社WINGS

株式会社WINGS

株式会社WINGS」は、既存業務への適用性やカスタマイズの際の問題の有無、社内のセキュリティポリシーに対応しているか、などといった視点を具体的に取り上げ、ローコード開発を行なっています。

依頼された企業の現状をしっかりと把握した上で、開発に取り組みます。

具体的に、ローコード開発の際に使用するツールとして、「WebPerformer」、「SoftWearGeneXus」、「SoftWearOutSystemes」などが挙げられます。

ローコード開発のメリット

ローコード開発のメリット

ローコード開発のメリットとして、

  • 高いスキルがなくても開発ができる
  • 短い時間で開発が可能
  • 開発コストを抑えられる

などが挙げられます。

高いスキルがなくても開発ができる

ローコード開発は、高いスキルがなくても可能です。

今までは、高スキルなエンジニアが必要不可欠な時代でした。

現在は、ローコード開発が可能となったため、最低限のプログラミング知識があれば開発できます。

採用できるIT人材の幅が広がったと考えられます。

短い期間で開発が可能

ローコード開発を用いると、短期間で開発が可能です。

特にITエンジニアは納期に迫られながら仕事を行っています。

ローコード開発を使用することで、90%近くの開発時間が短縮できるデータもあり、余裕をもって開発に打ち込めます。

開発コストを抑えられる

ローコード開発を使用すると、開発コストを抑えられます。

なぜなら、短期間でミスが少なく、開発が続けられるからです。

反対に、ローコード開発を使用しないと人件費が多くなり、開発コストが結果的に増えます。

また、給料が高いプログラマーも少なくなるため、人件費のコストも削れるメリットもあります。

ローコード開発を使用して、コストを削減しましょう。

ローコード開発のデメリット

ローコード開発のデメリット

ローコード開発のデメリットとして、

  • 開発の自由度が低い
  • 最低限のプログラミングスキルが必要
  • クリエイティビティを発揮しにくい

などが挙げられます。

開発の自由度が低い

ローコード開発は、開発の自由度が低いのがデメリットです。

理由は、特定のテンプレートに特化しているものも多く、オリジナリティを追求しにくい側面があるからです。

反対に、独自性を追求しなければならない開発を手がけている場合は、ローコード開発が使用しにくいと言えます。

最低限のプログラミングスキルは必要

ローコード開発は、最低限のプログラミングスキルが必要です。

なぜなら、ノースキルで開発ができるツールではないからです。

ノーコード開発なら、プログラミングスキルが不要ですが、ローコード開発ならば、最低限のスキルや勉強が必要となります。

クリエイティビティを発揮しにくい

ローコード開発は、クリエイティビティを発揮しにくいデメリットがあります。

理由は、一定のテンプレートやサービスを使用するなどの、限定的な仕事となるからです。

上記の理由から自由な発想ができない分、クリエイティビティを発揮しにくいと言えます。

ローコード開発とノーコード開発の違い

ローコード開発とノーコード開発の違い

ローコード開発とノーコード開発の違いとして、

  • 必要になるプログラミングスキル
  • 開発速度の違い

などがあります。

また、企業の方向性によっては、ノーコード開発の利用を検討するのも一案です。

必要となるプログラミングスキル

ローコード開発は、ある程度のプログラミングスキルが必要です。

対して、ローコード開発はコードを記述する必要がないため、ノースキルで開発ができます。

必要となるプログラミングスキルが大きな違いです。

開発速度の違い

開発速度の違いとして、ノーコード開発の方がローコード開発よりも、開発速度が速いのが特徴です。

また、速度が速いため、スピーディーな開発展開ができます。

そして、ノーコード開発は開発速度だけではなく、快適に開発を進められるため、人件費が削減できます。

ノーコード開発の利用を検討するのも一案

企業によってはノーコード開発の利用を検討するのも一案です。

なぜなら、ローコード開発と比較して、ノーコード開発は開発スピードが速く、新規事業の際にも有効だからです。

もちろん、ローコードは自由な開発ができる部分もあるため、各開発方法によって一長一短があります。

使用する目的に応じた開発ツールの、利用を検討しましょう。

ノーコード開発ツールに関して具体的に知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

まとめ

まとめ

今回は、

  • おすすめのローコード開発の支援会社11選
  • ローコード開発のメリット・デメリット
  • ローコード開発とノーコード開発の違い

について解説しました。

ローコード開発を取り入れると、業務の効率化や人為的なミスを最小限に抑えられます。

他には、ノーコード開発を依頼すると、最小限の力で効率化が図れるため一案と言えます。

本記事で取り上げたポイントを意識して、各企業形態に合わせてローコード開発とノーコード開発を使い分け、快適に仕事を進められる環境を整えましょう。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?