【保存版】無料&有料のアプリ開発ツール15選!選び方の注意点も解説

【保存版】無料&有料のアプリ開発ツール15選!選び方の注意点も解説

学習を進めてアプリ開発の知識を身に着けた後に、使用するツール選びに悩んではいませんか?

選ぶツール次第ではアプリの質や開発期間に大きく影響を与えるため、ツール選びはとても重要です。

今回はアプリ開発ツールの知識が少ない人でも、自分の目的に合ったツールが見つけられうるように、おすすめのツールを15選紹介します。

本記事を読み進めて、理想のアプリ開発ができる最適なツールを見つけましょう。

スマホアプリ開発でおすすめのツール5選

スマホアプリ開発でおすすめのツール5選

スマホアプリ開発でおすすめのツールは、

  • ShoutEm
  • XCode
  • SmartAppsMobile
  • Appery
  • Andromo

などがあります。

上記のツールを活用して、良質なスマホアプリを作成しましょう。

ShoutEm

ShoutEm

ShoutEm」はビジネス業種に合わせたテンプレートが用意されており、ニュースやイベントなどの情報、ソーシャルやギャラリーなどの作成が可能です。

また、アプリ利用者の行動分析やアプリに関する収益化についてのサポートを実施しているため、安心して利用できます。

そして、アプリ公開に関しても、IDを保有している人は自動で公開してもらえるので便利です。

アプリ内の課金にも対応しているツールでおすすめです。

XCode

XCode

XCode」はとても有名なスマホアプリ開発ツールで、現在ダウンロードできるアプリのほとんどが「XCode」を使用しています。

実際に「XCode」は「Apple」公式の開発ツールとなっており、「Apple」のアプリを作成する時に必須のツールです。

また「XCode」の特徴として、内部にドキュメント検索ができる機能が搭載されている点が挙げられます。

通常のツールは、アプリ開発で分からない点が出てきた際に公式サイトで調べます。

「XCode」は内部にコードについて検索可能な公式ドキュメントが内部に統合されているので、とても便利です。

SmartAppsMobile

SmartAppsMobile

SmartAppsMobile」はレストランや料理の注文など、店舗で利用する際のアプリ開発に便利なツールです。

他にはSNSと連携できる機能があり、SNSの更新情報をアプリで通知できます。

そしてオリジナルのタイトルロゴや各種アイコンなどが作成でき、独自性の高いアプリ開発が行えます。

他には「クリックtoコール」というアプリ内で電話が手軽にかけられる機能も搭載しており、利便性が高いのも魅力のツールです。

Appery

Appery

Appery」はクラウド上でアプリ開発ができるツールです。

ドラッグとドロップだけでアプリ作成ができるので、手軽に取り組めます。

またプラグインが豊富で、自分の使用方法に合った利用が可能です。

具体的な料金プランとしてベーシックプランやプロプランなどがあり、求めるアプリ開発に適した料金設定を選択できます。

幅広いプラットフォームにも対応しているので、おすすめのアプリ開発ツールです。

Andromo

Andromo

Andromo」はandroidアプリが簡単に開発できるツールで、Admobの広告組み込みを活用して収益化が図れます。

また、110万人以上が使用したアプリ開発ツールとしての実績があります。

「Andromo」は無料版で試用が可能なため、使用感やツールの雰囲気を味わいたい人は無料で一度試してみるのも一案です。

Webアプリ開発でおすすめのツール5選

Webアプリ開発でおすすめのツール5選

Webアプリ開発でおすすめのツールとして、

  • Visual Studio Code
  • Sublime Text
  • Eclipse
  • PhpStorm
  • NetBeans

などがあります。

各ツールの特徴を理解して、最適なアプリを開発を行いましょう。

Visual Studio Code

Visual Studio Code

Visual Studio Code」はマイクロソフト社が開発したツールで、高機能で使いやすいのが特徴です。

また操作時に軽快な操作が可能で、快適にアプリ開発ができます。

そしてショートカットキーや拡張機能が豊富にあり、ファイルの比較やPythonやPHPなどの開発環境を構築できるのも大きなメリットです。

他には配色設定も可能で、背景やテキストの配色を好みの色に変更できる機能も搭載されています。

Sublime Text

Sublime Text

Sublime Text」はとても軽量な動きが特徴のアプリ開発ツールで、作業スピードを上げられます。

また自動保存の機能も搭載されており、作業中に保存する必要がありません。

日本語化に対応しているため、使用しやすいのもメリットです。

無料のアプリ開発ツールですが、有料ツール並みの機能を有していると言えます。

快適にサクッと操作できるアプリ開発ツールを求めている人におすすめです。

Eclipse

Eclipse

Eclipse」は高機能なJDTという開発環境が搭載されており、アプリ開発に必要な機能を一通り網羅しているツールです。

実際に利便性や機能性の高さが好評で、企業やプログラマーが導入しているケースも多くあります。

またリアルタイムでエラーやバグなどをアラートする機能を有しており、エラー修正が素早く簡単にできるのでおすすめのツールです。

PhpStorm

PhpStorm

PhpStorm」はとても高機能なアプリ開発ツールで、機能の豊富に備わっています。

具体的には、エディタはコード入力時の保管機能やエラー箇所の表示など、必要な機能を全て網羅したツールとなっており、アプリ開発がしやすいと言えます。

またIDEによる高機能な検索機能も搭載されており、とても素早く検索ができるのが魅力のツールです。

NetBeans

NetBeans

NetBeans」は開発に必要な機能が揃ったツールで、インストールが手軽にできるのが大きな魅力です。

また、NetBeansのGUIビルダーが搭載されており、開発しているアプリのデザインを把握した上で本格的なアプリを作成できます。

GUIビルダーやRubyなどの機能が他のツールより優れているといった評価が多く、プログラマーから高評価なアプリ開発ツールです。

プログラミング不要でアプリ開発できるツール5選

プログラミング不要でアプリ開発できるツール5選

プログラミング不要でアプリ開発できるノーコードツールとして、

  • MONACA
  • Yappli
  • Shoutem
  • アプスタ
  • アプリビルダー

などが挙げられます。

手軽にアプリ開発ができるツールを厳選しているので、操作しやす字目的に合ったツールを選びましょう。

▼もっとノーコードについて知りたい方はこちらの記事を参照ください
ノーコード(NoCode)とは?メリットデメリット、向き不向きを解説
ノーコード開発の会社を特徴と事例セットで10社紹介!

Bubble

出典元:Bubble

Bubbleは、最も汎用性が高く、幅広い目的に対応したアプリを開発できるノーコードツールです。

2021年9月時点でユーザー数は110万を超え、同年7月には100億円の資金調達を行ったことで話題になりました。

日本のユーザーも多く、日本語の記事やドキュメントも豊富なので、学習できる環境が整っていると言えるでしょう。

MONACA

MONACA

MONACA」は特別な知識が不要で、初心者でも手軽にアプリ開発できるのが特徴のツールです。

またネイティブアプリの機能を全て実現できるのも魅力で、プッシュ通知やカメラ、Bluetoothなどの機能を搭載できます。

そして既定のプラグインのみではなく自分でプラグイン開発をすると、幅広いアプリ開発ができるのでおすすめです。

Yappli

Yappli

Yappli」は400種類以上の機能を搭載いたアプリ開発ツールです。

また自動で機能アップデートを行っており、新機能の追加や最新版のOSへ自動で更新できます。

そして開発実績が500社以上あり、様々なジャンルのアプリ開発が可能な裏付けとなります。

使用しやすく高機能なアプリ開発ツールを求めている人におすすめのツールです。

Shoutem

Shoutem

Shoutem」は低コストでアプリ開発できるのが魅力のツールです。

通常のツールと異なり、多くの拡張機能が準備された状態から開発を始めるので、動き出しがとてもスムーズです。

またApp Store、Google PlayのデベロッパーIDを保有している人は、アプリの公開を自動でできます。

そして豊富なレイアウトがあり、自分の目的とするアプリのイメージにピッタリと合わせた製品の開発が可能です。

万が一開発が難しい状況となった際は、専門家のチームがサポートしてもらえるので安心できます。

アプスタ

アプスタ

アプスタ」は店舗の集客や、ネットショップのアプリ開発に対応しているツールです。

プッシュ通知機能を搭載しており、リアルタイムの情報を発信できます。

実際に集客する際は今の情報をいち早く届けられる機能が必要で、顧客の満足度や収益アップにも大き貢献できるツールです。

またホーム画面が見やすく、初めての顧客や利用者にも好印象を与えられるアプリが開発できます。

ネットマーケティングで利益の拡充を図りたいときにおすすめのツールです。

アプリビルダー

アプリビルダー

アプリビルダー」はURLを入力するだけでサイトをアプリ化できる、優れたアプリ開発ツールです。

サイトを変換した後に自由にカスタマイズできます。

ユーザー登録に必要なのはメールアドレスと名前のみで、とても簡易的にユーザー登録ができるのも魅力です。

またアプリ開発後に動作テストの実施が可能で、エラーやバグなどを事前に確認できます。

公開後すぐにエラーになるケースを回避できるのでおすすめのツールです。

おすすめのツールだけではなく、具体的なアプリ開発の手順を知りたい場合は、下記の記事をご覧ください。

アプリ開発の具体的な手順とは?公開する時のポイントも3つ紹介

アプリ開発ツール選びの注意点

アプリ開発ツール選びの注意点

アプリ開発ツールを使用する時の注意点として、

  • 不具合が少ないアプリ開発ツールを使用する
  • ツール選びでアプリ開発の品質が決定する
  • 信頼できるベンダーが提供するツールを使用する

などが挙げられます。

上記の注意点を意識して、使用するツールを選びましょう。

不具合が少ないアプリ開発ツールを使用する

不具合が少ないアプリ開発ツールを使用するのが大切です。

アプリ開発中にエラーが起こると開発を中断しなければならず、大幅に期間を延長する必要があるからです。

またツール作成者によっては対応のスピードが大きく異なり、結果的に大幅なロスタイムとなります。

使用しやすいツールを使用するのは前提ですが、使用を検討する際にエラー時の対応の早さや評判を視野に入れましょう。

ツール選びでアプリ開発の品質が決定する

アプリ開発ツール選びの段階で作成できるアプリの大まかな構想が決定するため、ツール選びはとても重要な位置を占めています。

実際に操作や開発をするのはユーザーですが、アプリ開発ツールに搭載されている機能を用いて制作を行うため、結果的に使用ツールが制作したアプリの品質に比例します。

自分が理想とするアプリ開発ができるツールを厳選して選びましょう。

信頼できるベンダーが提供するツールを使用する

アプリ開発の際は、信頼できるベンダーが提供するツールを使用しましょう。

なぜなら、信頼できるベンダーが作成したツールを使用すると、高品質で上記のようなエラー時にも対応が迅速だからです。

実際には信頼できるかどうかの判断か難しいですが、インターネット上の実際のユーザーの声やベンダーについて調べると有効です。

ツールの機能性も重要ですが、販売者のベンダーも注視する必要があります。

まとめ

まとめ

おすすめのアプリ開発を行うためには、ツール選びがとても重要な位置を占めています。

実際はユーザーのスキルも関わっている一面もありますが、使用するアプリ開発ツールによってアプリの質が決定する部分が大きいからです。

インターネット上には数多くのアプリ開発ツールがあり、中には英語の表記で説明をしているものもあるため、使用するツール選びに悩むエンジニアやプログラマーは多いのが現状です。

本記事を読み各アプリ開発ツール特徴や機能を確認して、自分の理想とするアプリが作成できるものを選びましょう。

気軽に起業アイデアをカベウチしませんか?